« 温泉という名の至福19 紅葉と温泉 | Main | 今年の京都の紅葉はいかがですか? »

November 20, 2007

すごいぞ!西都原考古博物館

紅葉の北海道から戻ってから3週間、私事でドタバタが続きました。

何の因果か、一週間で九州まで三往復。心身ともに疲れ果て、腰痛に悩む家人を残してそそくさと温泉脱出。行き先が...九州だったりする(- -;)。南の方ですが。

今回は、マイミク友人あずみVxさんオススメの、「西都原考古博物館」まで足を伸ばしてみました。吉野ヶ里・三内丸山と考古学関係を攻めてきたからには、西都原、一度は行ってみたかったんです。

博物館自体の入館費はタダ。単なる展示にとどまらず、PCと連動した説明や資料検索もでき、考古学関係の図書館も閲覧できます。

とまあ、ここまでは最新の普通の博物館。

ここのオススメな点は、いろいろな「体験講座」を行っていることです。土器作りや火起こし等、普通の体験じゃあないんだよ...。

なんと!
「銅鏡を作ろう」
七輪で青銅を溶かし、鋳型に流し込んで鏡を鋳造。磨く磨く~。
今度(11月25日・12月2日)の講座では、鋳型から作るとか。本格的ですね~。

「土器を洗っちゃおう」
出土した本物の土器の汚れ落とし作業を体験。

「舟形埴輪を作ろう」
11月17日・24日の2回にわたって開催されたこの講座に、マイミク友人あずみさんが銅鏡作りに続いて参加する、とのことで、飛び入り見学をしてきました。見学するだけではつまらないので、当日申し込みでもできる「土器作り」もお隣で参加してきました。

あずみさん格闘中の「1/2レプリカ船形埴輪」↓
Dscf0042

手前のオレンジっぽいのが焼きあがった見本、向こう側の茶色いのがあずみさん作(途中)。

で。感動したのが。
「あくまでも出土品のレプリカをつくるんだ」という講座の進め方。

使用する粘土は、出土品に近い成分と思われる地元で取れた粘土。
これがまた、陶芸用語でいうと「サクい」土で、伸びは悪いしすぐひび割れるし。

作り方も、底の部分から「ひも作り」。
...この土で陶芸やったことない人には辛いよ~...

「タタラでパーツを作って組み立てたほうが、初心者には作りやすいのでは?」と学芸員の方に聞いてみたところ、「出土品の作り方に則って作ってみるのが意義なんです!」

すごく感動しました...。

ちなみに「土器作り」の土は、市販の「野焼き粘土」でした。ちょっぴりつまんない...。
こんなものを作ってきました。↓
Akatsuki_2


|

« 温泉という名の至福19 紅葉と温泉 | Main | 今年の京都の紅葉はいかがですか? »

旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73190/17125859

Listed below are links to weblogs that reference すごいぞ!西都原考古博物館:

« 温泉という名の至福19 紅葉と温泉 | Main | 今年の京都の紅葉はいかがですか? »