« May 2007 | Main | July 2007 »

June 2007

June 26, 2007

温泉という名の至福17 鶴の湯再訪

まいど、へたばり回復に一発、湯治に出かけてきました。

ここのところ、テンパって躁状態↑反動で鬱状態↓のジェットコースターな毎日だったので、心機一転温泉回復☆
(って、ちゃっかり半年前から予定にいれていたのだが)

行き先は、めちゃお気に入りの「乳頭温泉 鶴の湯」さん。
湯治はたいてい、この「鶴の湯」さんか、鹿児島の「おりはし旅館」さんにお世話になってます。

...湯治部・連泊です、もちろん。

鶴の湯さんも、行き始めた頃に比べたら、

部屋に鍵ついたし(昔は内鍵のみ)
バスタオルついたし(昔は当然ない)
アメニティバッグついたし(これは去年から)

ぐっと快適になりました。もともとは秘湯とはいえ、新幹線駅から一般バス+お迎えで行けるという、交通の便のよさで気に入っていたのですが、最近はTVもない・携帯の電波も入らない(movaは入るらしい)という、完璧日常とはかけ離れた環境が気に入ってます。

湯治部のお部屋と、アメニティはこんな感じです。
Dscf0003_13 Dscf0002_11

湯治部は、かやぶきで有名な「本陣」の向かいにあります。
朝・夕の食事は、この本陣の部屋に出かけて行っていただきます。

昨冬訪れた際、夕食の帰りがけに、うっかり石段を滑り落ちたことを、まだ覚えられていた...

本陣↓
Dscf0007_4

裏からの湯治部↓
Dscf0075_1

「例の」事故のあと、ちょっぴり平日はお客さんが減ったような気がします。それとも、客層が変わったのかな?湯治部は2名ほどで一杯の小さな部屋が多いので、家族連れとかグループは旅館部の方にしか泊まらないのかもしれません。今回は、何故か私を含め、長逗留の一人旅派ばかり(圧倒的に野郎度高し)。

女性用の露天風呂も、こんなに空き空き。
Dscf0009_6

そうそう、新しいお風呂(内湯)が出来ていました!
今年1月に出来立てのピカピカで、シャワー2本と、お風呂の三種の神器(ボディシャンプー・シャンプー・リンス)つき。やはり女性客はシャワーとかないと駄目なのかなあ??

Dscf0067_1

肝心の泉質は、以前の内湯が「白湯」だったのに対し、新しい内湯は「黒湯」だそうです。場所は、玄関から階段を上がって、新本陣へ繋がる廊下の突き当たり右(左へ行くと新本陣)。のれんが小さくかかってます。
Dscf0073_5

階段に「内湯→」の表示がなければ、見落とすところだった...。
Dscf0066_2

さて。
呑み助の私は、鶴の湯では必ず一度は、「岩魚の骨酒」をオーダーします。
日本酒にしっかりと岩魚の味が染み込んでいて、これが美味しいのなんのって☆

二合のオーダーは可愛い魚の形の容器に入って出てきます。
Dscf0033_3

三合オーダーすると...
どーんとコレ↓
Dscf0031_2

どんぶり入り....ちなみにレンゲで掬って呑むようになってます....

今回も最初の2日間はどーんと一日中ばったり寝て、疲労回復に努めてました。3日目は元気が出てきてお天気もよかったので、ちょっとお出かけ。

その詳細はまたあとで♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 09, 2007

年金問題、5000万件分の1件はたぶんウチの父のだ

毎日のようにマスコミをにぎわしている、社会保険庁の入力ミス大チョンボですが、未判明5000万件+α(S29年以前のもので、コンピューター入力化されていない旧台帳のもの)のうち、1件はウチのチチの分です☆

本日の夕食時の食卓での話題で明らかになりました。

チチはいろいろ都合で勤め先を結構変わったクチ。そのうちの最初のほうに勤めた会社の分の厚生年金が、支払っていたにもかかわらず、「コンピューターに該当なし」として支払われていないそう。

この事実はやはり年金受給年齢になって(もうかれこれ十ウン年前だが)、社会保険庁の某出張所に手続きに赴いた際に判明。

支払ったはずだ、入力漏れなどではないか?と尋ねたチチに向かって、その某出張所の担当A氏曰く、
「お上のすることに間違いはありません」

ケンもホロロにあしらわれたチチであるが、意地っ張りのチチは負けてはいなかった。当時勤めていた会社の理解もあり、出張扱いで、今ははるか離れた土地の最初の勤務先に証拠を求めて旅立った!

チチの人徳か(?)、その勤務先でも親切に昔の記録を調べてくれ(そちらの社会保険庁の出張所まで担当の人が足を運んでくれたらしい)、そして判明した衝撃の事実!!

「社会保険庁に提出した記録、ちょうど○○さんのところがページの境目になっていて、(会社に残っていた記録の)半分しか社会保険庁には記録されていなかったよ」
(*最下行に名前とそれまでの年金番号、次ページの最上行に最新(その会社)の年金番号が記載されていたと思われる)

この結果を持って再度某出張所を訪れると、担当者A氏ではなく、上司(課長)が現れた。どうやら記載ミスがあったことが連絡されたらしい。チチがA氏の所業を上司につげ、本人に謝らせろと申し出たら、どうやらA氏はこの一件を上司には報告していなかったらしく、上司の方が驚いてひたすら低姿勢で謝ってくれた。

が、結局A氏に直接謝罪を言わせることはできなかったそうだ。

こうして未納期間のない証拠を集めてきたワケであるが、その分を加えても数千円しか受給金額が上がらないとのことで、怒り心頭のチチは、「そのくらいだったら要らないワイ!!」と手続きをしないまま帰ってきた。

当時のお役所が、「要らない」と言われた分を台帳から抹消するという手間をかけたとも思えないので、おそらく5000万+α件のうち、1件はチチの分である。

話は変わるが、年金を継続的に受給するためには送られてくる「現況届け」に記載して返送しなくてはいけないのだが、この「返送」、なんと葉書で普通郵便なのだ。

支払われるはずの年金が入金されないので問い合わせたところ、先に出した「現況届け」が郵便事故かなにかで受理されていなかったことが判明。改めて送付されてきた「現況届け」を返送して受理され、無事年金が支給されたのは次の支給の4ヶ月後のこと。

私も既に働いていたし、少々の貯金もあったので4ヶ月間凌げたが、年金だけに頼りきっている方々は次の支給日まで、待っていられるのだろうか???

なんかそういう重要な書類を普通郵便で送らせるのは間違いではないカイ?と思うのは私だけではないはずだ。ヤフオクとかの送付方法だって、確実に送付されることを願う人は普通郵便使わないよ、ね?

まあ、お役所の常識は社会の非常識という言葉もあるのでしょうがないかもしれないが、税金でメシ喰っていたのにいい加減だよなー。今日のニュースでは「残業・休日出勤もして解決にあたります」というコメントが出ていたが、その残業手当や休日出勤手当ても、税金から支払われるんだろーなー。なんかムカツク(怒)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007年開花情報 百合、ですね

バラも綺麗な季節ですが、百合たちも咲く時期になりました。

コンテナガーデニングなので、百合も最近でてきたコンテナ用の背の低い種類のうちでも、オリエンタルリリー系の種類を主に植えています。あとは丈夫な鉄砲百合を、大き目のコンテナにいくつか。スカシ百合は何故か失敗ばかりしてうまく咲かないんですよ...。

コンテナリリーも出始めのうちは、おもいのほか大きくなってしまう種類もありましたが、最近の品種は安定して(?)背が低いです。ミゼットカサブランカ(ピンク)なんか、深植えしすぎて、地表すれすれで蕾をつけています...。

↓「ミス・リオ」か「スーベニア」か「モナリザ」
(ラベルはずれてしまったの)
Dscf0003_12

初夏に咲く山野草も元気です。
「青花ハナシノブ」
今年のニューフェイス
Dscf0004_4

「ヤマアジサイ」
Dscf0005_10

今年はうまく2鉢とも花がつきました。
「岩タバコ」@鉢は自作♪
片方は焼き締め、写真のは自家製ワラ灰釉を施したもの。
Dscf0002_10

うっかり箱の中で発芽していたアマリリスを、大慌てで植えています。
ダリアもたぶん発芽してるな...(ピートモス入りなので判りづらい)

グロリオサも植えなくっちゃー。

おっと朝顔の種蒔きそびれた!!
今年は苗で、「ケープタウン」という種類を買ったので、ついうっかりしてました。

ヘブンリーブルー、まだ間に合うかな?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« May 2007 | Main | July 2007 »