« 2007年開花情報 百合、ですね | Main | 温泉という名の至福17 鶴の湯再訪 »

June 09, 2007

年金問題、5000万件分の1件はたぶんウチの父のだ

毎日のようにマスコミをにぎわしている、社会保険庁の入力ミス大チョンボですが、未判明5000万件+α(S29年以前のもので、コンピューター入力化されていない旧台帳のもの)のうち、1件はウチのチチの分です☆

本日の夕食時の食卓での話題で明らかになりました。

チチはいろいろ都合で勤め先を結構変わったクチ。そのうちの最初のほうに勤めた会社の分の厚生年金が、支払っていたにもかかわらず、「コンピューターに該当なし」として支払われていないそう。

この事実はやはり年金受給年齢になって(もうかれこれ十ウン年前だが)、社会保険庁の某出張所に手続きに赴いた際に判明。

支払ったはずだ、入力漏れなどではないか?と尋ねたチチに向かって、その某出張所の担当A氏曰く、
「お上のすることに間違いはありません」

ケンもホロロにあしらわれたチチであるが、意地っ張りのチチは負けてはいなかった。当時勤めていた会社の理解もあり、出張扱いで、今ははるか離れた土地の最初の勤務先に証拠を求めて旅立った!

チチの人徳か(?)、その勤務先でも親切に昔の記録を調べてくれ(そちらの社会保険庁の出張所まで担当の人が足を運んでくれたらしい)、そして判明した衝撃の事実!!

「社会保険庁に提出した記録、ちょうど○○さんのところがページの境目になっていて、(会社に残っていた記録の)半分しか社会保険庁には記録されていなかったよ」
(*最下行に名前とそれまでの年金番号、次ページの最上行に最新(その会社)の年金番号が記載されていたと思われる)

この結果を持って再度某出張所を訪れると、担当者A氏ではなく、上司(課長)が現れた。どうやら記載ミスがあったことが連絡されたらしい。チチがA氏の所業を上司につげ、本人に謝らせろと申し出たら、どうやらA氏はこの一件を上司には報告していなかったらしく、上司の方が驚いてひたすら低姿勢で謝ってくれた。

が、結局A氏に直接謝罪を言わせることはできなかったそうだ。

こうして未納期間のない証拠を集めてきたワケであるが、その分を加えても数千円しか受給金額が上がらないとのことで、怒り心頭のチチは、「そのくらいだったら要らないワイ!!」と手続きをしないまま帰ってきた。

当時のお役所が、「要らない」と言われた分を台帳から抹消するという手間をかけたとも思えないので、おそらく5000万+α件のうち、1件はチチの分である。

話は変わるが、年金を継続的に受給するためには送られてくる「現況届け」に記載して返送しなくてはいけないのだが、この「返送」、なんと葉書で普通郵便なのだ。

支払われるはずの年金が入金されないので問い合わせたところ、先に出した「現況届け」が郵便事故かなにかで受理されていなかったことが判明。改めて送付されてきた「現況届け」を返送して受理され、無事年金が支給されたのは次の支給の4ヶ月後のこと。

私も既に働いていたし、少々の貯金もあったので4ヶ月間凌げたが、年金だけに頼りきっている方々は次の支給日まで、待っていられるのだろうか???

なんかそういう重要な書類を普通郵便で送らせるのは間違いではないカイ?と思うのは私だけではないはずだ。ヤフオクとかの送付方法だって、確実に送付されることを願う人は普通郵便使わないよ、ね?

まあ、お役所の常識は社会の非常識という言葉もあるのでしょうがないかもしれないが、税金でメシ喰っていたのにいい加減だよなー。今日のニュースでは「残業・休日出勤もして解決にあたります」というコメントが出ていたが、その残業手当や休日出勤手当ても、税金から支払われるんだろーなー。なんかムカツク(怒)

|

« 2007年開花情報 百合、ですね | Main | 温泉という名の至福17 鶴の湯再訪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73190/15362965

Listed below are links to weblogs that reference 年金問題、5000万件分の1件はたぶんウチの父のだ:

» 団塊世代・ジュニアよ、年金を守れ! [団塊世代応援サイト/定年退職/ビジネス/趣味/企業/旅行/アンケート/健康]
5000万件という途方も無い数の年金が持ち主不明になっていることで、年金に不安を抱く人がかなりいるようです。生活・趣味(全般)を見てみる 団塊世代の人も年金を受け取る歳になっても、受け取ることができない人、払っていたはずの期間が未納扱いされている人もいるのではないでしょうか?そういう人は、自分の年金をチェックしましょう。 年金手帳には、オレンジ色のものと青色のものがあります。1997(平成9)年に基礎年金の番号が統一されて以降に発行された年金手帳が、青色。オレンジ色の年金手帳...... [Read More]

Tracked on June 14, 2007 at 10:04 PM

« 2007年開花情報 百合、ですね | Main | 温泉という名の至福17 鶴の湯再訪 »