« April 2007 | Main | June 2007 »

May 2007

May 24, 2007

温泉という名の至福16 歩かば奥入瀬

今年の春追い旅ラスト、定番青森で締めくくってまいりました。

今年の状況は、やはり笠松峠のあたりは雪が少なめでしたが、猿倉温泉あたりまで降りてくると例年どおりといった按配で、ちょうど水芭蕉の季節でした。

木道から眺めるだけの尾瀬と違って、道端に生えているので触れちゃうもんね。ふふふ。
Dscf0035_7

今の時期は閑散期だそうで、初日本館宿泊者は私のみ。
ということで、性別の違う湯の方にもしっかりちゃっかり入ってきました。
相変らずの青っぽい濁り湯は、お肌すべすべでサイコーです♪

知る人ぞ知る、男湯のみ3番目の露天風呂↓
Dscf0013_4

猿倉にいる間はあいにくの雨模様。
思う存分読書&昼寝を楽しんでまいりました。

移動日は山を降りて、これまた横浜町の菜の花を見に出かけました。雨上がりだったので、恐山方面はもちろん、津軽半島まで綺麗に空気が澄み渡っていて見渡せました☆
Dscf0041_3

考えてみれば、2月に南の果て近く指宿で菜の花を見、5月にこうして北の果て青森でも菜の花を観賞できるのですから、日本列島縦に長ーい !! 季節、いろいろ選び放題ですね♪

私は「春の風景」としては南の苔コケした常緑樹の森より、北の落葉樹の森の方が好きです。

苔コケした森も生命の息吹を感じるのですが、それはどちらかというと連綿と続く直線的な感じ。
冬に葉を落とし、春に芽吹く落葉樹の森は、毎年生まれ変わる、円環状な感じがします。なにより、芽吹きたての若葉の、羽化直後のセミの羽に似たみずみずしさといったら!もう最高です♪

「春の疑問符」
Dscf0096_2

「春の王冠」
Dscf0091_2

奥入瀬の静かな、時には激しい流れも大好きです。今年は例年よりちょい水量多めに感じました。それだけに急流部分は迫力満点。今年の「阿修羅の流れ」↓
Dscf0077

静かに流れている部分は、「妖精郷」を感じさせる雰囲気。
Dscf0101_3

足元には、「スプリングエフェメラル(春の妖精)」と言われる、可愛い花々があちこちに咲いています。
Dscf0115_1

「ニリンソウ」
Dscf0099_1

↑名前からてっきり一つの茎から二輪花が咲くのかと思っていたら、一輪や三輪のものもあるんだって!
今回はなんと「四輪草?」を発見。
Dscf0090_4


似たような花ですが、ニリンソウよりややおおぶりで、花弁の切れ込みも深い
「キクザキイチリンソウ」
Dscf0139

紫花もあります。
Dscf0144

花が咲いているとは気づきにくい「エンレイソウ」
Dscf0088_1

忘れていましたが、奥入瀬渓流は「瀑布街道」と言われるほど、滝の多いところなのでした。

「千筋の滝」
Dscf0084_1

「雲井の滝」
Dscf0086_1

「白布の滝」
Dscf0095

「玉簾の滝」
>こいつは車道からのほうがよく見えます。
Dscf0104

「白糸の滝」
Dscf0106

「不老の滝」
Dscf0108_1

「九段の滝」
Dscf0111_2

そして最後!
「銚子大滝」
Dscf0117

歩き疲れたら、蔦温泉の熱いお湯でさっぱりと。

蔦温泉、この古めかしい様子がお気に入りです。
↓下足札。
Dscf0056_1

| | Comments (0) | TrackBack (2)

May 16, 2007

2007年開花情報12 オマケと王道

植え切れないまま、3月に入ってから植えたチューリップの球根(病気、発根部の痛みの少ないもの)が、案外咲いて驚いています。3月に植えた水仙も、当然のように無事開花。つくづく、秋植え球根は丈夫です。

↓たぶん「オレンジプリンセス」
Dscf0001_12

ちなみに右上にちょこっとピンクに映っているのは、矮化処理をしすぎた(?)せいか、丈の伸びることなく表面ぎりぎりで開花しようとしている「ミゼットカサブランカ・ピンク」です。ここまで丈短くなくていいよ...、と言ってあげたい。

チューリップ歴5年&山野草歴3年ですが、昨年からガーデーナーの王道・薔薇にもちょこっと手を出してみました。ミニバラよりも、普通のバラの方が案外丈夫で驚いています。

「輝き」(だっけ) 
オークションでつい気に入って落札したバラ何点かの一つ。
ほっぽらかしでしたが、順調に開花を続けています。
Dscf0208_1

「マリアテレジア」
...この名前、好きなんですよね...。
花も薄ピンクの綺麗なパステル調だったので昨冬購入、無事開花。
Dscf0002_9

「アルケミスト」
...名前でついうっかり買ってしまいました。
バラといえば「プリンセス○○」とか、女性の名前が多いと思っていましたが、「錬金術師」なんてつけるなんて、命名者の考えを知りたい...(同志!!) << 錬金術師にちょこっとあこがれて、化学専攻した馬鹿です。
案外(?) 花色が綺麗なので驚いています。写真は満開状態ですが、蕾の時はもっと綺麗でした。
Dscf0003_10

あー、ダリアやグロリオサも植えなくては。

その前に、土の再生か...。昨年の轍を踏まないよう、今年は早めに取り掛かってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

温泉という名の至福15 桜の知内温泉

GWに砺波にでかけたばかりというのに、はや「温泉切れ」症状がでたため(笑)、またもや温泉脱出してまいりました。

行き先は昨年秋に訪れた、北海道は「知内温泉」さん。

函館から車で1時間半くらい、北海道側の青函トンネルがすぐ近くにある、山の中だけど海に近い温泉宿です。開湯は古く約800年の歴史をもっておりますが、宿泊棟は近年建て替えられた新しい洋風のお宿です。

Dscf0046_4

Dscf0002_8

温泉は当然、源泉掛け流し♪
混浴の露天風呂が一つ
(秋は寒かったので今回リベンジ)
Dscf0003_9

男女別の内湯が、宿泊棟の左右の長ーい廊下の先にそれぞれ1つ、
計2箇所あります。
Dscf0005_9

源泉もお湯も熱めのお風呂です。写真は蒸気でNG~。
成分が濃く、古いほうの浴槽の床は、湯の花で波模様☆
Dscf0045_1

裏山の源泉近くには、パイプなどなかった昔からの源泉を引いたあとの湯の花が山となって、もこもこと...。
Dscf0051_6

地元の方々の立ち寄り湯が多かったです。ほとんど近所の銭湯感覚。
こんなお湯が近くにあったらそりゃ入りたくなりますね。

食事は、山の幸と海の幸。海の幸がこれまた美味しい♪
(ウニうに~)
Dscf0015_5

GWも終わったというのに、桜がまだ咲いていました。
Dscf0010_7

桜で有名な松前までは車で45分。
ということで、翌日訪れてみました。

松前の桜は、ソメイヨシノ中心ではなくいろいろな種類が咲いています。
地元の方によると、GWが終わって中春咲き~遅咲きの桜が咲く頃が一番綺麗なんだそう。

確かに、あちこちで「南殿(なでん)」という品種の桜が花盛りでした。
Dscf0023_4

白っぽいのは「雨宿」という品種。
Dscf0026_5

そのほか、私のマニア心をくすぐる「品種見本園」も♪
品種名が木札というのも、なにやらゆかしげ。

「花染衣(はなぞめい)」
Dscf0030_2

「照桜(てるざくら)」
Dscf0032

「翁桜(おきなざくら)」
Dscf0034_4

「有明(ありあけ)」
Dscf0036_3

「九重(ここのえ)」
Dscf0038_3

「龍雲院紅八重桜」<<スゴイ名前!
Dscf0041_2

「糸括」
Dscf0044_2

「紫桜」
Dscf0046_5

「千里香」
Dscf0049

「福寿桜」
Dscf0054_3

「佐野桜」
Dscf0056

「虎の尾」
Dscf0058

「京都御所御車返」
Dscf0060_1

「衣笠」
Dscf0066_1

「黄桜」 名前のとおり、黄色!
Dscf0068_1

「東錦(あずまにしき)」
Dscf0069_3

「松月(しょうげつ)」
Dscf0072_2

「御座の間匂」 << これもすごい名前...
Dscf0074

「泰山府君」
Dscf0085

「蝦夷霞桜」
Dscf0091_1

...なんかもう、上を向いて歩くと、頭の中がピンク色~

ふと足元を見下ろすと
「白花タンポポ」が咲いておりました。
Dscf0090_3

春だねえ...。

2月からずっと早春を追いかけての旅、今週末締めくくりに恒例春もみじの青森に出かけてきます。

足掛け3ヶ月間、早春を楽しんでいられるなんて、やはり日本列島、縦に長い。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 08, 2007

温泉という名の至福14 今年の松之山

砺波に出かける前に、例年のごとく大沢山温泉と松之山温泉に出かけてきました。

今年の松之山は驚きです!!
なんたって、「美人林」がコレ↓
Dscf0051_5

そうなんです。
今年は積雪量が少なかったそうで、全部雪は溶けてしまっていました。
毎年ほぼ同じ時期に松之山に行きますが、こんな風景は初めてです。

近くの「森の学校キョロロ」内の、例年の積雪量グラフによると、平成元年あたりにも同じくらい雪の少ない年があったみたいですが、それにしてもがらっと印象変わりますね...。

ブナの芽吹きも始まってました。
芽吹きたての葉は赤いんだ~(<始めて見た)
Dscf0057_2

はてさて。
例年の春を追い求める旅、下旬の青森はどうなっていることやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2007

2007年開花情報その11 最終号..??

GWの旅行から戻ってきてみれば、やはり我が家の庭のチューリップどもはほとんど咲き終わっておりました。

フリンジ系はまだ咲き出していなかったのですが、留守中の陽気で水切れでNG。だからコンテナは辛いのよ~。

一緒に砺波に出かけたディスプレイ係と、帰宅してからチューリップの始末。ゴミ袋5つくらい抜きました。モッタイナイけど絶対コンテナ密植では太らない。コレ4年間育てての経験則。おまけに早くも蒸れ蒸れのコンクリートジャングルの真っ只中だしね。水仙だけ残して始末始末~。球根残しておくと、虫つくし。

これからひたすら土再生の日々となります。
蟻とダンゴ虫との勝負だな(笑)

というわけで、我が家のチューリップ開花情報としては最後です。
旅行に出かける前に撮ったやつら。

「ハウステンボス」(左)と「夕月」(右)
Dscf0001_11

「ダブルビューティーオブアペルドーン」
なんだか期待していたのとちょっと違う...開きすぎ?
Dscf0002_7

まだ蕾の「バルバドス」
Dscf0005_8

満開オープン状態の「アトランティス」
Dscf0012_7

こちらもオープン状態「プリンセスビクトリア」
Dscf0017_4

「ホリゾン」。こちらもフルオープン。
Dscf0013_3

「ブラックヒーロー」
Dscf0021_2

「神通」
Dscf0020_4

「ロコロ」めずらしくパーロット。
Dscf0200

「白夜の波」こいつだけちょっと背丈高め。
Dscf0022_6

やっと「きらきらドロップ」開花。
Photo_58

「うきうきドロップ」は咲き出したばかり。
1

「ピクチャー」やはり形が面白くて好き。
Dscf0194

「ピンクダイヤモンド」何故か赤い一筋が。
Dscf0197

「バラードゴールド」期待していたより紫でなかった。
Dscf0207

「オリオールズ」
Photo_59

「カムロ」
Photo_60

「ラッキードラゴン」三つ首の龍。枝咲きです。
Dscf0206

そういえば、やっと奥にたどりついて確かめた君の名は。
「カプリ」でした。
Photo_61

チューリップが終わり、そろそろ薔薇の季節♪
Dscf0208


| | Comments (0) | TrackBack (0)

トドノツマリ。

砺波より無事戻ってまいりました。

心配していた家人'ズとの旅行も(昨年コレで調子を崩している)、なんとか終了!

唯一の心残りは、陶芸家・吉田明さんの「妻有焼」の作品を、再購入できなかったことですかねえ...。

や、昨年のトリエンナーレの際に湯のみをしっかり購入してあったのですが、旅行前に荷詰めをしていて発覚した事実!!


湯のみ、包装の中で割れちゃってました。

ええもう、キッパリサッパリ真っ二つ+破片に。


買ってきてから、自分の焼いた作品とは別の土産用ダンボール箱に入れておいたのですが、どうも秋口に家人が実施した荷物異動の際に、「大事な土産入れ」のダンボールから出され、「どーでもいい自分の作品いれ」に移されていたみたいです。さらに、その作品入れの箱に強い圧力がかかったらしく(涙、涙、涙)。

箱の位置の移動は実施後に知らされたのですが、中味が一部入れ替わっているとは聞いてなかったよ....。

ボケが進んで言い忘れたのか、家人は時としてこういう家庭内無意識テロを最近多発させるようになりました。作品の値段を行ったら青くなってましたけどね。覆水盆に帰らず、割れた湯のみもくっつかない...。

一応接着剤で継げるところは直しましたが、作品としての価値は...。陶片という意味では、確かに陶芸している私には役に立つかも。たしかに、古唐津に似ています。もろくはなくけっこう焼き締まった焼き物でした。

割ってしまったことに関しては、トドノツマリ、
気がつかなかった私が馬鹿でした、ということになるんですかねえ...(<そうそう)

「妻有焼」、「まつだい農舞台」の土産物コーナーで再度販売される予定なんだそうですが、吉田先生の都合で入荷が遅れているとのこと。入荷したら連絡下さい、と連絡先を書き残して帰ってきました。

もし、「妻有焼」作品を販売している場所をご存知の方がいらっしゃいましたら、一報くださいな

あと「うぶすなの家」、「土・日・祝」に限り開館だそうです。
(GWだから開館だろうと5/1に行ったら閉館してた。)
ただし、こちらでの作品販売は不明。
妻有焼作品がないことだけは確認済みですが(笑)

Dscf0209_2

最後に、2007年春時点で再訪できる「空き家プロジェクト」の作品を列挙しときます。他の恒久設置作品についても、トリエンナーレと同じようなMAPを\100で販売してました。私は農舞台でGET。今時点では通常残雪深い妻有地域ですが、今年は雪が少なかったそうで、たいていの集落まで行けるそうで。

開館時期: 4/E~11/E
開館日 : 毎週 土・日・祝 及び関連イベント開催時
開館時間:10:00 - 16:00
見学料金:光の館・農舞台・最後の教室・上湯の4作品・キョロロ > \500
 その他の開館作品 > \300
1日有効パスポート > 大人\2000 子供\1000
2日有効(連続)パスポート > 大人\2800 子供 \1400
パスポート販売場所:開館作品・キナーレ・農舞台・キョロロ・光の館・十日町駅・まつだい駅

2006年度作品
「うぶすなの家」
 @澤清嗣・原憲司・中村卓夫・吉川水城・吉田明・川上清美・黒田泰蔵・鈴木五郎
「名ヶ山写真館」
 @倉谷拓朴
「LIFE works + みどりの部屋プロジェクト」
 @酒百宏一
「繭の家・養蚕プロジェクト」
 @古巻和芳+夜間工房
「影(ei)/来し方 行く先」
 @大谷俊一
「フロギストン」
 @山本浩二
「脱皮する家」
 @日本大学芸術部彫刻コース有志
「最後の教室」
 @クリスチャン・ボルタンスキー + ジャン・カルマン

2003年度作品
「エリクシール/不老不死の薬」
 @ジャネット・ローレンス
「収穫の家」
 @ローレン・バーコヴィッツ
「米との対話」
 @ロビン・バッケン

2000年度作品
「夢の家」
 @マリーナ・アブラモヴィッチ


今回、農舞台のレストラン「カフェ・ルフレ」@ジャン=リュック・ヴルムート氏作品で昼食をとったのですが、「里山カレー」、スパイスめちゃきいていて激ウマ♪(ついでに激辛)
Dscf0050


| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 04, 2007

2007年砺波チューリップフェア3

なんとなく、アクセスカウンタつけてみました。

こんなにたくさんの方に見ていただいていたんだ!
と内心びっくりしています 

なるべく早く2007年度のチューリップ写真館をupできるようにがんばります。写真館の写真はデジカメのではないので、ちょっくら時間がかかるんすよ...早く一眼デジに買い換えたい。

今年は、昨年予約の新品種'sたちがメインかな?
「ドロップ」「波」のシリーズは、我が家の写真を載せましたが、「花火」シリーズはGW連休前には咲いていなかったのでした。たぶん咲いているんだろうけど、旅にでちゃっているからなあ...。

「花火」シリーズ、すごいです。
見ごたえばっちり。まあ、フリンジ八重なんでド派手、チューリップらしくない花なんですが。

「月光の花火」
Dscf0171

「魔法の花火」
Dscf0173_3

「情熱の花火」
Dscf0172


GWも後半くらいになると品種見本園に咲いているのは、主としてパーロット系・八重遅咲系・フリンジ系ですからますます「ちゅーりっぷ」らしくなくなります。ごく普通の「一重」のチューリップがお好きならば、4/Eくらいのお出かけがベストかと。球根買い込みマニアさんは、やはりフェアの前半戦が勝負処かと。今日いったら(また買い足した馬鹿一名)、もう「赤富士」売り切れでした。品種マニアさんたちの多くはやはりフェア前半戦に来るそうです。
>私以外にもいたんだ...(ホッ)

まあ連休なんで、10時を過ぎると混雑すごいです。座れる場所の絶対数が足りないので、みな芝生で休憩タイムです。シンボルタワーは長蛇の列。

初めてつれてきたディスプレイ担当の家人は、あきらめて帰ってきました。

今回のこっそり発見は、正門入って左手「総合案内所」の裏の花壇。
何気なくパンジーと植え込んであったのは...
「ピクチャー」
「ウィッティピクチャー」
「イエローピクチャー」
のピクチャー三兄弟(?) 新品種2つの豪勢な...植え込みでした。

「ウィッティピクチャー」は、チューリップ公園と四季彩館の間の通路、チューリップ花壇コンテストをやっているコーナー反対側の芝生にも植わってました。こちらは青い忘れな草とのコンビネーション。
Dscf0191


いつも鉢にぎっりしの密植派なんですが、スペースがあればこんな風にゆるゆると他の花と合わせて植えてみたいです。

見本園と違って名前ラベルは出ていないので、知っている人だけが捜し当てられる??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »