« 温泉という名の至福14 今年の松之山 | Main | 2007年開花情報12 オマケと王道 »

May 16, 2007

温泉という名の至福15 桜の知内温泉

GWに砺波にでかけたばかりというのに、はや「温泉切れ」症状がでたため(笑)、またもや温泉脱出してまいりました。

行き先は昨年秋に訪れた、北海道は「知内温泉」さん。

函館から車で1時間半くらい、北海道側の青函トンネルがすぐ近くにある、山の中だけど海に近い温泉宿です。開湯は古く約800年の歴史をもっておりますが、宿泊棟は近年建て替えられた新しい洋風のお宿です。

Dscf0046_4

Dscf0002_8

温泉は当然、源泉掛け流し♪
混浴の露天風呂が一つ
(秋は寒かったので今回リベンジ)
Dscf0003_9

男女別の内湯が、宿泊棟の左右の長ーい廊下の先にそれぞれ1つ、
計2箇所あります。
Dscf0005_9

源泉もお湯も熱めのお風呂です。写真は蒸気でNG~。
成分が濃く、古いほうの浴槽の床は、湯の花で波模様☆
Dscf0045_1

裏山の源泉近くには、パイプなどなかった昔からの源泉を引いたあとの湯の花が山となって、もこもこと...。
Dscf0051_6

地元の方々の立ち寄り湯が多かったです。ほとんど近所の銭湯感覚。
こんなお湯が近くにあったらそりゃ入りたくなりますね。

食事は、山の幸と海の幸。海の幸がこれまた美味しい♪
(ウニうに~)
Dscf0015_5

GWも終わったというのに、桜がまだ咲いていました。
Dscf0010_7

桜で有名な松前までは車で45分。
ということで、翌日訪れてみました。

松前の桜は、ソメイヨシノ中心ではなくいろいろな種類が咲いています。
地元の方によると、GWが終わって中春咲き~遅咲きの桜が咲く頃が一番綺麗なんだそう。

確かに、あちこちで「南殿(なでん)」という品種の桜が花盛りでした。
Dscf0023_4

白っぽいのは「雨宿」という品種。
Dscf0026_5

そのほか、私のマニア心をくすぐる「品種見本園」も♪
品種名が木札というのも、なにやらゆかしげ。

「花染衣(はなぞめい)」
Dscf0030_2

「照桜(てるざくら)」
Dscf0032

「翁桜(おきなざくら)」
Dscf0034_4

「有明(ありあけ)」
Dscf0036_3

「九重(ここのえ)」
Dscf0038_3

「龍雲院紅八重桜」<<スゴイ名前!
Dscf0041_2

「糸括」
Dscf0044_2

「紫桜」
Dscf0046_5

「千里香」
Dscf0049

「福寿桜」
Dscf0054_3

「佐野桜」
Dscf0056

「虎の尾」
Dscf0058

「京都御所御車返」
Dscf0060_1

「衣笠」
Dscf0066_1

「黄桜」 名前のとおり、黄色!
Dscf0068_1

「東錦(あずまにしき)」
Dscf0069_3

「松月(しょうげつ)」
Dscf0072_2

「御座の間匂」 << これもすごい名前...
Dscf0074

「泰山府君」
Dscf0085

「蝦夷霞桜」
Dscf0091_1

...なんかもう、上を向いて歩くと、頭の中がピンク色~

ふと足元を見下ろすと
「白花タンポポ」が咲いておりました。
Dscf0090_3

春だねえ...。

2月からずっと早春を追いかけての旅、今週末締めくくりに恒例春もみじの青森に出かけてきます。

足掛け3ヶ月間、早春を楽しんでいられるなんて、やはり日本列島、縦に長い。

|

« 温泉という名の至福14 今年の松之山 | Main | 2007年開花情報12 オマケと王道 »

温泉」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73190/15087338

Listed below are links to weblogs that reference 温泉という名の至福15 桜の知内温泉:

» 516♪今日の砺波富山 [ブログde付録]
今日の砺波の天気は下記の通りです。 天気:晴れ(午前6時現在)天気予報は晴れ。(気象台午前5時発表)最高気温25℃。 こどもたちは親子遠足に行きました楽しんできてほしいです... [Read More]

Tracked on May 16, 2007 at 09:25 AM

« 温泉という名の至福14 今年の松之山 | Main | 2007年開花情報12 オマケと王道 »