« December 2006 | Main | February 2007 »

January 2007

January 31, 2007

お一人様旅行しにくさ考

私が温泉一人旅を始めたきっかけの宿、以前にはGWだろうがお一人さまでも予約早い者勝ちですよーと言っていた宿に、今年もGW期間中の予約電話をいれたら、「GW連休中はお二人さま以上からにさせていただいてます」に変わっていた。最近人気が出てきた宿なんでしょうがないと思うが、人気がでてくるとお一人様不歓迎に態度を変えられると、悲しさを通り越してちょっぴり腹がたつ。

休前日・繁忙期でもお一人様OKだったら、年間30回といわずもっともっと旅館に泊まりにでかけるんだが。足は自前でいけるから送迎の必要はないし、どちらかというとほったらかし大歓迎だし、酒だって飲む。

勤め先でも「国内は一人旅しにくいからイヤ」と、お一人様の知り合いは海外脱出派が多数である。

昔はもっと一人旅しにくかったのよ、とは先日出かけた琢秀でお会いした先達の言葉であるが、需要はあるのに供給がないのは未だに変わらない気がする。

どのくらいお一人様だとペイしないのか、じっくり数値を出されて説明されればちょっとは納得いくんだけどな。

幸い(?)甥っ子二人は両名とも旅行業界へ進みそうである(うち、一人は確定)。一人旅商品をつくれーと今から吹き込んでおこう、と悪巧みする昨今。

今回はしょうがないので、オヤを引っ張り出すことにした。先般一緒に出かけてストレスためたんだが、背に腹は変えられない。引っ張り出せる相手がいる間はいいが、相手がいなくなったら繁忙期の旅行は、ホテルに頼るしかないなあ。最近はホテルも、熟年世代向けに安いプランを出してたりする。

うかうかしていると、旅行客はみんなホテルや海外にに盗られますぜ>日本旅館殿。

働いている以上、お一人さまだって、休日はお二人さまの休日と一緒の日付なんだよう~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2007

実は入浴剤にも凝ってます

秘湯の会のご招待期限が今月26日に迫ってきたので、ダッシュで行って参りました。
行き先は中山平温泉の琢秀さん。毎度、一人旅で申し訳なし。
お気に入りのしんとろりんのお湯でリフレッシュしてまいりました。ここのお湯は温度が高いので、やはり冬の方が合いますね。しかし、あのトロ味は成分のどこがどうなったらああなるのだろう? 国見温泉のバスクリン色のお湯と並んで、温泉成分の謎の一つですな。
琢秀さん、いつもは夏のはしご湯治の途中によるのでご馳走もやや食傷気味ですが、ふと一泊でかけるには合ってかも。最も私のお気に入りは、連泊湯治で部屋でごろごろ~、なんですけど。

今回はめずらしく新幹線+レンタカー利用。
でもAM会社翌日PM出社の無休温泉には変わりなし...。
癒しになってるのかドタバタしているのか、もはや判りませんな。

温泉といえば、昨年だけで秘湯の会のスタンプ帖3冊満杯にしてしまった。温泉30回だよ30回。そのほかにも飛騨高山行ったり京都行ったり、非・温泉にも旅行行ってますから、もう何回旅行でかけているんだか。>それだけストレス溜まっているんだよ...。

非・温泉行きとか、AM出社の時の会社近場泊まり(なんで自腹切ってまで...朝駄目駄目モードから早く脱出したい)の時はホテル泊まりなんで、大抵ユニットバスです。シャワーで済ませればよいのだろうけど、やはりストレス溜めまくりの身としては、お湯でタプタプしたいんです。でも、ただのお湯に浸かってもなあ...。

というわけで、実は入浴剤もいろいろ買い込んで遊んでます。タブレット状の泡タイプもですが、いろいろな温泉成分配合のとか、保湿成分配合のとか。ハンズとかLOFTとかで買い込んでますが、調べてみたらネットの方がいろいろ売ってますね。「入浴剤屋」さんなんて、もうブックマークしてますよ。今持っている品も、このお店では揃ってますね♪

マニアすぎて大のお気に入りなのが「秘湯温泉」シリーズ。普通「温泉入浴剤」というと、温泉地の地名とかのが多いですが、このシリーズはズバリ「温泉成分」ごとです。塩化物泉とか硫酸塩泉とか硫黄泉とか。

バスソルトはまだ試したことありませんが、そのうちチャレンジしようかと思います。

そういえば、冬至の日に某温泉に泊まりにでかけたら、温泉の中にゆずがぷかぷか♪ ひときわ楽しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007年初窯出し

所属サークルの方にはここんとこ、全然顔出してません。
1回目の窯出し&2回目の窯焚きを、12日(金)の夜(つーか早朝)からはじめ、13日(土)深夜には帰宅していたのですが....さすがに日曜日は死んでました。ぐーっ。

先週も金曜日夜から窯焚きの予定だったのですが、月曜日にアレコレあって凹み、温泉脱出でつかのま浮上したのですが、またもや金曜夜から凹み気味...疲れたから土曜日行けばいいっかと思って寝たら後の祭り。土曜日一日の記憶がありません...ずっと布団の中でくたばってました。

さてさて。予定ではあと一窯+素焼き1回なのですが、昨年死にまくりの休日を過ごしたオカゲで、素焼きするものがありません...。3窯目も昨年の素焼きでなんとか焚く、という体たらく。来年は一窯減らそう...。

とは思いつつ、一窯目の窯出し。
サヤ鉢での炭化焼成がきれいに上がりました。
Kc360057_1

さすがにケータイの画面は粗い(^^;)

土は昨年取り寄せた、珠洲の土です。ゼーゲル7番完倒しちゃったけど、まだ持ってます。ちょっぴりぶく出気味。
2窯目のフツーの還元ゼーゲル8番完倒の同じくサヤ鉢での炭化焼き直しでは、もっとぶくが出ちゃったので、やはり1230度が限界といったところでしょう。

今週末に最後の窯(今度は酸化)を焚いて、今年はオシマイ。あとはひたすらまた作る日々ですが、まともに起きて会に顔だせるかなー??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2007

念願の枝もの♪

新年早々、土の再生作業でへばってしまった。
おかげで昨年31日に篩った土は、ほぼ再生できました。

が。

反動へたりで1日ダウン(笑)
3日&4日で予定していた今年の窯焚きを、4日&5日でやりました。まさに仕事はじめ(って陶芸は趣味だっつーの)。

今回の窯は焼き締め中心の強還元だったので、まあ煙いこと煙いこと。おまけに焚いている間のヒマ潰しに、土を持ち込んで再生用に篩ってたもんだから、ホコリっぽさもおまけにつきました。一応マスクもかけてたんですけど、超微粒子の粉塵君で、マスク真っ黒になってたよ...。考えてみれば20時間強、窯の様子を見がてらですが、ひたすら土を篩い続けた私...。えらいのかすごいのか、もはやバカの域に達していますなあ。

乾いている土は篩えましたが、まだ湿っている土も多く(一旦は乾かしたのだが、袋詰め野ざらしの間に湿気が浸透。入れる袋は選べよ>ハハ)、窯小屋スペースが窯部分と作業スペースに別れていることをいいことに、ビニールシートに新聞紙敷き詰め て、その上に土を広げてきました。窯のそばの方が乾きは早いでしょうが、やはり灯油窯なんで燃えやすいものを回りに置くとまずいっしょ?

只今さまし中。窯出しが楽しみです。

といっても、作品はたぶんトランクルーム直行かなあ?今年の正月は姉一家がやってきて、駄作の鉢とかを持っていってくれましたが。

作品は我が家のスペースの都合上、仕舞いっぱなしがほとんどです。山野草鉢だけは庭で重宝しています。赤松だけで焚いたビードロ景色のよい山野草鉢とか(笑) 昨年から雪割草に手を出したので、今年は雪割草鉢を多く創りました。

火前作品は、ほんっとうに使い道がないので悲しいっす。
(出したら傘立てに使われた...それも悲しい)
今年はチューリップ類の植え付けが遅れ、庭スペースに空きができたので、念願の「自作の花入れに枝もの」をやりました! ロウバイの枝です。
Dscf0002_3

あと、玄関に今年焼いたお気に入りの花入れに、菊一輪。
Dscf0001_2

菊の後ろのグリーンは、室内で越冬中のユーチャリスどもです。
なんか、一鉢花芽があがってきてるっぽいんですが...??

さてさて。まだまだ植えなくてはいけない球根がたくさん。
今日の雨がうらめしやー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2007

新年2007

はい、正月早々腰痛です。

大晦日の日、素焼きをしながら土ふるいをしていたのでした。
おかげで1/3くらい、土の再生できたかな?

今日も正月早々、庭仕事してました。
チューリップもまだ全部は植えこなしていないのですが、そろそろ水仙も植えないとヤバイ。

ということで、本日は水仙メイン。

水仙も結構好きです。

日本水仙のような房咲きよりは、八重とかピンク系ですね。
ラッパ水仙も好きだけど、見分けがつかん...。
今日植えたのは、

カーリー
アイスキング
マウントフット
タヒチ

あと例年、ラインベルトアーリーセンセーションとテータテートは植えてます。

さて。
今年は亥年。イノシシ写真となれば、和気清麻呂関係を当たれ!

ということで。
写真その1。京都は護王神社の石像。
Dscf0173_1


写真その2。
鹿児島妙見温泉近くの和気清麻呂神社の神猪・あいちゃんです。
Dscf0073_2


来年はネズミですなあ。
ネズミーランドへ行くのもやだし(実はキライなディズニーワールド)、どうしようかなあ。

ナガモノ同様、全国の二階堂@動物のお医者さん氏を慮って実物写真はナシにしようか(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« December 2006 | Main | February 2007 »