« August 2006 | Main | October 2006 »

September 2006

September 18, 2006

毎年の忘れ物

や、タイヘンな台風でしたな。
1泊2日で益子に穴窯焚きの窯詰めに出かけていたのですが、最初の日に梱包を解いた作品たち、雨に濡れると溶けてもとの粘土に戻ってしまうので(注:ウチのサークルでは素焼きはしないで焼くのでした)、雨の降り込まない場所を探し...結局は、私のクルマの荷台に半数近くを収めることになったのでした。使えるクルマだ@X-TRAIL。

さて。
毎年のこの益子での穴窯焚き、みんなして毎年のように忘れるモノがあります。私の場合、

一年目...はまだ何がナンダカ判らないのでよいとして、

二年目...まだ重要性がピンと来てないので記録なし

三年目...重要性が判ってきたが、記憶力を過信してやはり記録なし

四年目...やっと記録をとりました。
が、来年コレ持って行くの忘れたら意味無いなあ。
Dscf0008_1


ということで。
答は「焚き口をどこにどのように作るか」なのでありました。

昨年も何人かはちゃんと写真を撮っているはずなのですが、みんなして持ってきてない(笑)
そして今年も、あやふやな記憶たちを頼りに、
「もう一段(レンガ)高くなかったっけ?」
「焚き口こんなに狭かったっけー?」

と喧々囂々して、とりあえず上記の写真のように相成りました。
さて、来年はどうなることやら??

プロの方々をはじめ、何回も同じ窯で焚く人たちでしたら、こんなお馬鹿なことはやらないと思うのですが、年に一回、それも貸し窯でとなると、昨年はあったはずのちょうどのカーブのレンガが見つからなかったり、前に借りたグループがちゃんとレンガの掃除(くっついた窯土や道具土を取り除いておく)をしてなくて、凸凹のレンガしかなくて掃除にてんやわんやしたり、はとってもよくあることなのでした。

あとは「焚き」っすね。今週末にお手伝い(焚き要員ノルマ)に行く予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2006

復活のユーチャリス

秋植え球根は一部(丈夫な原種チューリップ)を除き使い捨てのワタクシであるが、春植え球根は何年か育てているものもある。前に述べたグロリオサもそう。毎年大きなお芋が採れます。グロリオサは秋に掘り上げておいて、また春に植えなおすのであるが、植えっぱなしの球根もある。

「ユーチャリス」、別名「アマゾンリリー」。白くてほんのり甘い香りがする。熱帯原産の植物なので、冬場は廊下の簡易温室で育てている。三鉢あるうち、一番古く4年くらい育てたものがうまく分球して株が大きくなっている。

この鉢、昨年ハハのうっかりさんな魔の手にかかり、根腐れ寸前で、例年何枚かは残る葉が全部溶けてなくなってしまったやつ。今年は早めに外にだしてお日様にあて、様子をみていたのだが....。

見事復活。新しい葉はもちろんのこと、2本も花芽がついた。二番目に古い鉢のも一芽、花芽があがってきた。

現在、ちょうど開花中。
Zdscf0002

...そういえば、何故だか毎回ハハはこの花の名前を「ブライダルベール」と間違えているのであった。や、確かにウェイングのブーケ等に使われる花なんであるが、ネット検索であれこれ調べ始める前から間違えているのは何故??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2006

さあ、球根の秋だ!

チューリップや水仙の球根が店頭に並ぶ季節になってきた。
>ハイ、まだ買う馬鹿一名っす。

店頭になかなか足を運ぶ機会のない人には、やはり通販がお奨め。大手園芸会社の「サカタのタネ」・「タキイ種苗」、「国家園」さんには既に6月頃予約注文をいれてあるのだが、この時期はネット販売のガーデンショップをくまなく検索してまわる。結構、オランダ輸入の珍しい品種があったりするので気が抜けない。

マイリストでリンクしてある「球根屋さん.com」は昨年見つけたお店。扱っている球根の品質はもちろん、マニア心をくすぐるラインナップ、送ってくるときのカワユイパッケージが気に入っている。なにせ、富山からはどーんとダンボールで届くからなあ(笑)

昨年みつけた中では、ヤフオクにも出品している「キューケンホフ」さんもかなりイケる。今年は思いっきりマニア心をくすぐるチューリップと水仙のラインナップを揃えている。今はもう小売向けの品種しかないが、7月頃にはオランダ産の思いっきり珍しいチューリップを扱っていた@ただし、コンテナ単位で。しがないプランターガーデナーとしては泣く泣く諦めたのだが、広い庭あったら買ってたかもシレナイ...。

しかし、輸入球根は「本年度の輸入検査に合格しなかった為、輸入不可となりました」というサプライズもあるのでちょっと悲しい。昨年も「メルローズ」買えなかったんだよな....。あ、あと日本の風土ではうまく咲いてくれない場合もありますので要注意。新潟産や富山産等の国内産球根はその点安心です☆

あと、「フラワーコーポレーション」さんも要チェック。砺波のチューリップフェア限定で売っていた球根が、出品されていたりします。本日時点では、一重の「ドロップシリーズ」2品種と、フリンジ系2品種が販売中っす。

今年見つけたお店も、定番商品に加えて珍しい品種が混じってたりします。
楽天の「e-netoshop ガーデンライフ」さん。
同じく楽天の「Fleru Town 吉本花城園」さん。ココ、TOPページからは秋植え球根コーナー見えないので、「商品一覧」から探してね。

またまた楽天の「イングの森」さん。なんかマダいろいろ増えそう。

ブリティッシュシード」さんは、今年はチューリップは原種だけみたい。昨年は結構めずらしいチューリップも扱っていたのにな。高かったけど。

これからまだまだ、扱うお店は増えるでしょう♪ 間際のヤフオク叩き売りにも目を光らせなければ。原種系とか水仙だと、1月くらいに植えてもまだ大丈夫なもんです。

あ~、その前に土を再生しなくてはなー。荒ふるいだけはハハがしてくれたのですが(そのお陰で堀り上げた水仙の品種がぜんぶ判らなくなったんですが...○TL)、肝心のミジンふるいはまだまだなんでございます...。ふう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »