« 温泉という名の至福10 夏の温泉休暇 | Main | さあ、球根の秋だ! »

August 28, 2006

つまり、妻有なのである その3

陶芸家・吉田明さんの個展に合わせて、再び妻有に出かけてきました。
新潟県のHPでは、既にある作品「エターナル」に加え、吉田さんお得意の「ペーパーキルン」で焼いた縄文女性をイメージした陶器ベンチが焼きあがる...との情報で、それっと出かけていったのですが。がーん、窯出しは明日29日 15:00頃から、とのスタッフさんのお言葉あのでありました。残念無念。ペーパーキルンの写真だけ撮って帰ってきました。

Dscf0006_1

ちなみに、8/31より再びペーパーキルンを焼くそうです。

今回の妻有、先週のNHK「日曜美術館」で放映したせいか、ものすごい人出でした。放映したアートに限り大賑わいという気もありましたが(笑)。集落の細い道を、にわか山道ドライバー(遅い・すれ違い下手)や、こんなとこまでくんなよ観光バス状態で、作品展示している集落の方々や、仕事にでかけようとしている地元の方々の迷惑になっているのではないかと、心配になったくらいです。

次回からは「パーク&ライド」方式をやるといいかもしれない。

さて。
今回もいろいろ見てきたのですが、お勧めNo.1はコレ!

中里エリア・清田山冬季分校、作品No185 「ヘテロピアへようこそ」@アンジェラ・デタニコ&ラファエル・レイン。
「様々なオブジェを積み上げて新しい書き言葉【ピラ】を表現する」 これ、ものすごいはまりました。

入り口の近くにある作品から順に、
Dscf0019 「まとまる」@角材

Dscf0020 「これから」@消しゴム

Dscf0022_1 「よみかき」@PPC用紙

Dscf0024 「かなりの」@ダンボール箱

Dscf0026_1 「かわる」@フィルムBOX

Dscf0028 「ますます」@ホッチキス針入れ

Dscf0027_1 「なにか」@本

Dscf0031_1 「つまり」@園芸用土

「コレ見たら、もう何でもアートですね~♪」と、係りの方と笑いあい、入ってきた新しいお客さんに向かって、「この下駄箱もアートなんですよ~」と冗談かましたら、本当にアート作品だった(@@;)
Dscf0030
この緑のスリッパ、ちゃんと接着してありました。

あと、2000年の作品で宿泊できるアート作品
松之山エリア・上湯 作品No.320 「夢の家」@マリーナ・アブラモヴィッチさん、ここに泊まった人の意見を是非聞きたいっす。この「夢の家」、赤・青・緑・紫色の部屋で、作家がデザインしたパジャマを着て眠り、翌朝見た夢を「夢の本」に書き残していくという作品なんですが...。青・緑・紫の部屋はまだいいとして、赤の部屋!
Dscf0180
フィルターかけてません。実物色で写してます。

このまっかっかな部屋で、あの棺オケのような中で寝て、いい夢を見られた人は居るのだろうか?


|

« 温泉という名の至福10 夏の温泉休暇 | Main | さあ、球根の秋だ! »

旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73190/11640049

Listed below are links to weblogs that reference つまり、妻有なのである その3:

« 温泉という名の至福10 夏の温泉休暇 | Main | さあ、球根の秋だ! »