« 我が家の夏の花情報 | Main | つまり、妻有なのである その2 »

July 30, 2006

つまり、妻有なのである その1

以前に「凄い陶芸展を見てきました」で書きましたが、その陶芸家さん達8人も参加する大イベント!「大地の芸術祭 越後妻有トリエンナーレ」を見てきました。目的は陶芸家さんたちの作品だったので、まずは軽く2泊3日。1日目は出発が遅れたので、宿に入るだけで精一杯。2日目、むちゃくちゃ頑張って駆けずり回ってきました。この芸術祭、観覧のためのパスポートがポイントラリーになっていて、なんだか「完全制覇心」をくすぐるというか...。

陶芸家さんたちの作品は、JR下条駅から山奥に入ったところにある「願入」という集落にありまして、古民家を改造して作品展示をしてあります。その名も「うぶすなの家」。

Dscf0035

入ると一番に目につくのが、鈴木五郎さんの作品の「カマド」。この「うぶすなの家」はレストランも兼ねていて、妻有の女性陣作の食事が食べられます。訪れた日は平日だったのでこの「カマド」は稼動していませんでしたが、お客さんの増える土日には、実際に使用してお米を炊くそうです。使えるアートですね(笑)

Dscf0038

リクエストをすれば、8人の作家さん作の器に食事が盛られてきます。私は迷わず「吉田明 定食」にしました(<こういう名前の定食はありません(笑) 山菜餃子定食 on 吉田明さんの器」です)
Dscf0047

吉田さんの「妻有焼」の作品も販売されていました。食器だけでなく、ちゃんと作品も展示されていました。
Dscf0054_1

ここに展示してある作品のほとんどは、残念ながら9/10の芸術祭オフとともに撤収されるそうですが、スタッフの方の話では、上記の鈴木五郎さんのかまどと、澤清嗣さんの「そらまめバスタブ」

Dscf0046_1

吉川水城さんの「洗面台」
Dscf0061

は、もしかしたら残すかも、という話でした。ちなみに↑の洗面台、トイレに設置してあります。ま、まさかトイレの便座も作品か!?と一瞬ビビりましたが、こちらはごくフツーの便座でありました。ちょっと残念。

あと見て面白かったのは、小白川集落で集中展示してある「いけばな」作品群。

Dscf0096

「いけばな」という概念をぶち壊してくれる、どっきり作品の山です。

Dscf0097

Dscf0113


Dscf0111


Dscf0114

「いけばな」にはトンと無知なワタクシですが、強烈に気にいったのがこの作品。その名も「きみのなわ」

Dscf0101
Dscf0102


ネーミングセンスにまず恐れ入ったのと、見物客参加型の作品ということがポイント高いっす。

この「越後妻有トリエンナーレ2006」、美術手帳7月号増刊としてガイドブックが出てますが、今年の作品はガイドブックほとんど参考にならないです。載っているのはイメージスケッチとかが主で、実物は全く異なるものが多いです。恒久設置型でなく、この期間でないと見られない作品もあるので、まずはいくべし。

ところで。
上の「いけばな」写真群の中に、本当は展示物ではない写真が2枚あります。どれとどれでしょう(笑) 1つはすぐ判ると思いますが、もう一つは...(笑) 作品の前に必ずある「黄色い展示札」が無かったので、初めて作品ではにないと判明したブツです。ガイドさんも「アレ、だまされるよねー」と言ってました。

|

« 我が家の夏の花情報 | Main | つまり、妻有なのである その2 »

旅行」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。
澤清嗣さんの作品探してたらたどりつきました。
この空豆バスタブのサイズって分かりますか?
ちょっと気になったので、大体でいいのでよろしければ教えていただけませんでしょうか?

Posted by: shula | December 09, 2006 at 10:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73190/11146137

Listed below are links to weblogs that reference つまり、妻有なのである その1:

« 我が家の夏の花情報 | Main | つまり、妻有なのである その2 »