« 闘い済んで... | Main | 2006年版チューリップ写真UP »

May 30, 2006

温泉という名の至福8 なじみ宿の幸福

まいど。
春の青森に行ってまいりました。

新潟が豪雪だったんで、青森もそうかなーとなんとなく思っていたのですが、話によればそんなでもなかったとのこと。確かに昨年に比べると、雪の量少なかったです@睡蓮沼のあたり。

ただ今年は異様に、折れた木が目立ちました。ぶなの木はしなやかなのでそうでもないですは、アオモリトドマツとか、べっきり折れたのが目立ちました。蔦温泉の食事処前の木もやられてましたねー。

今年は事前に横浜町菜の花は三部咲きとの情報を仕入れていたのと天候不順だったので、横浜町にはいかずに五所川原の「津軽金山焼」という窯元に出かけてきました。東京ドームのテーブルウェアフェスティバルにも精力的に参加されているし、ホームページを見ると、薪窯も沢山あるし見学もできるようなので、出かけてきました。作品の作風は焼き締めで、ちょっと備前風です。

...さすがは青森。敷地広いです。大きな窯小屋(もう小屋ではない規模!)の中に、大・小の登り窯と、穴窯、それに「バーリーボックス窯」。登り窯や穴窯はわかるけど、この「バーリーボックス窯」って...??
灰かぶりの作品用に、薪のくべ口を沢山設けてある窯なんだそうです。

しかし、今までどこの窯場にでかけても、「赤松の薪」は50cmくらいの長さにそろえて結束してあるのしか見たことなかったのですが...、ここの窯場は、どかーんと長いままの薪があちこちに積んであってびっくりしました。毎日どれかの窯に火が入っているそうで、精力的な北国の窯場さんでした。お値段も手ごろですし、日常使う器で焼き締めの器が欲しいなーという方にはお勧めです!

もひとつ、ここの窯場のお勧めは...併設の喫茶店のソフトクリーム。滑らかでとろ~んとしていて、絶品です。お立ち寄りの際にはぜひぜひどうぞ。

さて。
肝心の温泉ですが、今年も「猿倉温泉」さんと「蔦温泉」さんにお世話になってきました。猿倉では水芭蕉はまだちょっと早く、谷地温泉のあたりが水芭蕉の見ごろでした。
Dscf0051_1

今回、発売されたばかりの「ハリー・ポッター」の最新刊を持って温泉にでかけたんですが、夜ついつい読みふけり、朝食時間を大幅に寝過ごすという、大ポカをやらかしました。オフシーズンでお客さんも少なかったんで、あえて電話で起こさなかったそうです。「たぶん夜遅くまで、本読んでたんでしょ」。大当たり。行動が見透かされている、なじみ宿なのでした。

蔦温泉でも、旅行中なのに潰れて、結局夕方まで寝て過ごしました。「眠そうですね~、お布団そのままにしときましょうか?」「お願いしますう~」、とこちらもなじみ宿の気楽さ+寝て過ごせちゃうところが、湯治宿兼のよいところなのは、前にも書いたとおり。寝てばかりだったのはちょっと悔しいので、夕食前の僅かな時間に、裏の蔦沼まで出かけてきました。いつもは午前中にしか行ったことがなかったのですが、夕方の景色もむちゃ綺麗でした...
Dscf0041

同じブナの新緑でも、松之山は「里の春」という感じですが、青森の新緑は「山の春」ですね。なんか緑のパワーが違うような気がします。とりあえず山の緑で元気をもらって帰ってきたのですが...。
Dscf0039

結局週末にマタ、潰れていたのでした。うー。

|

« 闘い済んで... | Main | 2006年版チューリップ写真UP »

温泉」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73190/10300497

Listed below are links to weblogs that reference 温泉という名の至福8 なじみ宿の幸福:

« 闘い済んで... | Main | 2006年版チューリップ写真UP »