« March 2006 | Main | May 2006 »

April 2006

April 29, 2006

2006年我が家の開花情報7 盛りです

砺波に出かけている間に、我が家はチューリップの花盛り。

■蕾だった モンテビュー■
Dscf0012_2

■バレリーナとウェストポイントと楊貴妃■
Lily

■アラジンレコード かなり長持ちしてます■
Dscf0002_1

■ズレル 紫のシマシマが好きで、つい買っちゃう■
Dscf0005_3

■清楚な白の 雪壺■
Dscf0023

■ちなみにこちらは カルガリー■
Dscf0014_2

■リーンファンデマークとファニーガール どっちがどっちだっけ■
Dscf0033_1Dscf0035_1

■似ているけれど シャルムール■
Syarumuru

■こっちも似たもの アキタとクラウディア■
Dscf0021_1Dscf0010

■似たものシリーズ シモンとジャックポット■
Dscf0003_3Dscf0022

■最近は豪華系が流行りとか ホライゾン■
Dscf0031

■百合咲きで八重だぞう イエロースパイダー■
Yellowspider

■食べてはいけません アイスクリーム■
Dscf0025

■散り際と間違えないように エキゾチックバード■
Dscf0007

■微妙な色が綺麗 ブラッシングビューティー■
Dscf0034

■こっちもビミョー カイロ■
Dscf0001

■富山産 明日香■
Asuka

■これも富山産 ウェディングベール■
Dscf0033_2

■渋い富山産 神通■
Dscf0027

■可愛い富山産 初桜■
Hatsusakura

■定番 モンテカルロとモンセラ■
MontekarutoDscf0018

■いつの間にかこれも定番 ハウステンボス■
Hausutenbosu_1

本当はこの2倍くらい種類咲いてんですけどね...。100品種はカタイと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2006

2006年我が家の開花情報 番外 花盗人編2

またまた出没である。しかも2件。

1件は言わずと知れた、我が家のアクマなのであるが、もう1件は犯人不明。アクマの大事に育てていた、クレマチスの蕾がほとんど全て、なくなってしまったとのこと。

アクマの無断花泥棒のために病状悪化・仕事にも支障をきたすほどにダメージを受けていたワタクシであるが、さらに蕾泥棒(?)を、私の仕業と思い込んだアクマのツレナイ対応のために、ますますダメージ拡大して、もう死にそうである。ほんと、線路が呼ぶもんね。今日は本当にあぶなかったので、いい年をして、駅まで老親付き添いしてもらった。

それにしても、クレマチスの蕾を摘んでいくのはナニモノだ? 最近雨がちなので、鳥なのであろうか。はたまた、ナメクジか。謎は深まるばかりである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2006

2006年「不開花」情報...

悲しいお知らせです。

今年度、我が家の「アマリリス」は咲きません。

球根の肥培に失敗したのではなく、某アクマにより腐敗させられてしまったのです。

当初は風通しのよいところにおいてあったのですが、いつの間にか、某アクマがむちゃくちゃ風通しの悪いところへ移動させていました。本日、植えようと探し出したときには、もうぐっちゃぐちゃ。腐汁が滴っている状態でした。上の方の2~3個は大丈夫そうだったので、干して様子をみていますが、十数個の球根が駄目になりました。

昨年うまく肥培に成功したので、今年度は新しい球根は殆どGETしていません。

...悲しい...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2006

2006年我が家の開花情報 番外 花盗人編

「花盗人に罪はない」といわれるが、盗まれたほうからすれば「怒髪天を突く」であーる!!

昨年球根を買いこみすぎて置く場所がなくなり、今年はやむをえず、外塀にハンギング用のプランターキャリアを買って、プランターを置いたのであるが...。

最初は蕾の「フォステリィ・キング」であった。これは、結構花近くで折られていたのと、折られた花が道路に落ちていたので、「鳥でもつっついたのかねー」と話していたのだが。

富山にて来年のチューリップの品定めをしていた私に家からの連絡。「また花(チューリップ)が折られたのよ。」
「フォステティ・キング」が開花ピークを迎えたので日陰に移し、蕾状態の八重咲き新品種「ホライゾン」のプランターを置いていたのだが、そのプランターに植えてあったものの2本がやられたらしい。

今回は根元近くから折り取られていたということで、人の仕業確定らしい。まったく、人が丹精こめて育てた花を何と心得ているのだろうか。盗んだ花を飾って「綺麗ね~」という人の気持ちが判らない。まあ、「傘と自転車は公共物。困った時にあったら、かってに持っていってオッケー、じゃないの?」と本当に思っている信じられない人物も知り合いにはいる(ちなみに某超有名大学のドクター様である)ので、咲いている花は人のうちのやつでも持っていってよいと考えている人種がいるかもしれないが....。

勝手に持っていかれるのは、とても悲しい。

「綺麗なので、もらえませんか?」とお願いされれば、1球千円のアイスクリーム(*チューリップの新品種)だろうが、分けてあげるのに...。夜闇にまぎれて盗んでいかれるとあらば、2月に叩き売られていた球根だって、やりたくはないという心情である。

本気でTVカメラで監視をしようかな、と考える昨今。もちろん、外に置く花には、もれなく値札をつけさせてもらおう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2006

2006年砺波チューリップフェア 新品種沢山

我が家の庭の開花情報更新をほっぽって、砺波に来てます。
目的?? チューリップフェア会場でのみ販売の品種をGETしに決まってるっす~@チューリップ馬鹿。

わざわざ足を運んだかいあって、今年は富山産新品種が目白押しです。
新品種、10種類超えてます。去年とかは売ってないやつですよ~。
今年の富山はまだ寒くて、21日なんて朝方アラレが降っていたとか。なので、新品種の見本花もまだなかったです。替わりといっちゃなんですが、説明写真をば。

キャンディのようなスウィートな色彩の「ドロップ」シリーズ、
これは一重の品種。
Dscf0070_1Dscf0071

Dscf0073Dscf0074_1

後は、豪華な八重咲き品種が沢山~(^0^ )/
「花火」シリーズ、
Dscf0062Dscf0065

「波」シリーズ。
Dscf0063Dscf0064

Dscf0067

「つばさ」シリーズ。
Dscf0068Dscf0069

そのほか
Dscf0066Dscf0072


や、もう嬉しくて嬉しくて、懐の寒さも忘れそうです。
今晩じっくり買う品種を選んで、明日は注文と写真撮影です。

...って、あまりの寒さにまだ咲いてほとんど咲いてないですけどね。

とりあえず満足ナノダ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2006

2006年我が家の開花情報 4 マニアな楽しみ

前回書いた、マニアなチューリップの楽しみ方。

■八重咲きチューリップの蕾■
Dscf0054


■先っちょだけほんのり■
Dscf0059

■だんだん色がついてくる■
Dscf0057


これからが楽しみ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2006

2006年我が家の開花情報 3 スミレ類いろいろ

本日も暖かい日で、チューリップはどんどん咲き進み、散っていきます。結構儚げなんですよー。桜は咲き始め、5分咲き、散り際などいろいろ楽しめますが、チューリップの散り際を楽しむ人がいるとは、あまり思えないです。咲き始めの方は、色付き方なんかマニアな楽しみがあるのですが。なんか、デジタル的な楽しみ方??

さて。我が家に生息するアクマにもめげずに咲いてくれちゃっているのが、スミレの仲間。ビオラやパンジーも含めてです。丈夫で長持ち。最近はイロイロな種類が出て目移りしそう。

宿根系では、先に紹介した「博多紫」
Dscf0006

これも宿根系。「小野小町」だったかな?
Dscf0014

これも宿根か。八重の匂いスミレです。
Dscf0005_2

八重といえば、ビオラの八重も植えたのだった。
Dscf0003_1

パンジーよりはビオラの方が好きなので、結構いろいろ植えています。
これは「紅ちどり」だったっけ? ちょっと受け口。
Dscf0009

これは「ののはなイエロー」という品種。スミレ並みの花の小ささです。
Dscf0011

昨年頃から出回っている、ほふく性のビオラも植えてみました。「マーティン」だったかな。
Dscf0002

こっちはちゃんとした(?)日本のスミレ。
Dscf0012_1

来年も、無事咲いてね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2006

2006年我が家の開花情報 2 チューリップ原種系開花

いよいよチューリップたちも咲き始めました。原種系がやはり一番乗り。うかうかしている間に、ペルシャンパールを始め、2~3種類撮り逃してしまった(ToT)

コレ↓たぶん、「プルケアビオラセア ブラックセンター」 だと思う...
Dscf0044

コレ↓は 「トルケスタニカ」かな?
Dscf0043_1

「フューエリーゼ」を筆頭に、フォステリアナ系も咲き出しました。
Dscf0051

こちらは「化粧桜」。富山オリジナルです。真ん中部分が黒いのが、微妙に「フューエリーゼ」と違うトコロ。
Dscf0005_1

フォステリアナ系のチューリップはお陽様にあたりすぎると、こーんなに「満開状態」になってしまうのがネック。
Dscf0046

水仙は今年は遅めに植えたので、ようやっと咲き始めたばかりです。

お馴染み春一番に咲く洋水仙「ラインベルトアーリーセンセーション」
Dscf0003

こっちは「アイスキング」。フリフリ八重の水仙は大好きです。
Dscf0048


ここのところの陽気で、ミニアイリスは殆どおしまい。
Dscf0012

色の青っぽいのが「ハーモニー」、紫っぽいのが「J・S・ダイト」。
他に白斑系の「キャサリン・ホッドキン」を植えていたのですが、花期がずれていたせいか某アクマの魔手により植えていた鉢から抜かれてしまいました(>再生土行き)。まだ咲くのあるから、と言っておいたのですが、さすがにビリデ系チューリップを「緑色で色がつかないから咲かないと思って」引っこ抜いたアクマです。

これからいろいろ咲き出すのですが、アクマ警戒もしなくては。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »