« 2006年砺波チューリップフェア 新品種沢山 | Main | 2006年「不開花」情報... »

April 22, 2006

2006年我が家の開花情報 番外 花盗人編

「花盗人に罪はない」といわれるが、盗まれたほうからすれば「怒髪天を突く」であーる!!

昨年球根を買いこみすぎて置く場所がなくなり、今年はやむをえず、外塀にハンギング用のプランターキャリアを買って、プランターを置いたのであるが...。

最初は蕾の「フォステリィ・キング」であった。これは、結構花近くで折られていたのと、折られた花が道路に落ちていたので、「鳥でもつっついたのかねー」と話していたのだが。

富山にて来年のチューリップの品定めをしていた私に家からの連絡。「また花(チューリップ)が折られたのよ。」
「フォステティ・キング」が開花ピークを迎えたので日陰に移し、蕾状態の八重咲き新品種「ホライゾン」のプランターを置いていたのだが、そのプランターに植えてあったものの2本がやられたらしい。

今回は根元近くから折り取られていたということで、人の仕業確定らしい。まったく、人が丹精こめて育てた花を何と心得ているのだろうか。盗んだ花を飾って「綺麗ね~」という人の気持ちが判らない。まあ、「傘と自転車は公共物。困った時にあったら、かってに持っていってオッケー、じゃないの?」と本当に思っている信じられない人物も知り合いにはいる(ちなみに某超有名大学のドクター様である)ので、咲いている花は人のうちのやつでも持っていってよいと考えている人種がいるかもしれないが....。

勝手に持っていかれるのは、とても悲しい。

「綺麗なので、もらえませんか?」とお願いされれば、1球千円のアイスクリーム(*チューリップの新品種)だろうが、分けてあげるのに...。夜闇にまぎれて盗んでいかれるとあらば、2月に叩き売られていた球根だって、やりたくはないという心情である。

本気でTVカメラで監視をしようかな、と考える昨今。もちろん、外に置く花には、もれなく値札をつけさせてもらおう。

|

« 2006年砺波チューリップフェア 新品種沢山 | Main | 2006年「不開花」情報... »

ガーデニング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73190/9707894

Listed below are links to weblogs that reference 2006年我が家の開花情報 番外 花盗人編:

« 2006年砺波チューリップフェア 新品種沢山 | Main | 2006年「不開花」情報... »