« ヘブンリーブルーの思い出 | Main | 温泉という名の至福7 法師温泉・長寿館 »

October 24, 2005

飛騨高山、うまいもの

そして。
宵祭りは、寝過ごして出遅れたのであった...| ̄|○
(いつの間にか寝ちゃったんだい!)

からくり奉納も宵祭りも、いい場所を陣取ろうと思えば1時間前出待ちは必須。果たして出遅れたワタクシは、順路のはじめの方で、人垣の彼方からの見物とまずは相成ったのでした。しかし、ここからがお楽しみ★
屋台が安川通りの方へ通り過ぎていくと、人垣も後を追いかけてバラけていきます。ここで同じように後を追っていってしまっては、また人垣の壁にぶつかることは必須。

かならず、屋台が通って止まるポイント(しかもまだ、人はまばら)があるんです♪

それは「順道場」前。ここで屋台は曳き別れとなり、それぞれの屋台蔵へと戻って行きます。その時に奏されるお囃子が「高い山」という曲で、どうもこの曲を聴かないと高山祭りに来た気がしないのでした。あー、でも「順道場」前にやってくるのは夜9時くらいなので、高山に宿を取ってないと見られないかもしれません。観光バスって大抵夜8時くらいに去って行っちゃうもんね(観光バス駐車場はドコ?!?!?とうろたえる方たちの平均値)。

この「高い山」、飛騨高山の旅館「本陣平野屋」の女将さんの書いたHPに詳しく載ってますが、歌詞を引用すると下記の様なものです。

♪♪♪ 高い山 ♪♪♪

①たーかい やーあまーあ かーらあのたにそーおおこみーれーばよー
   うりや なーすーびーいいの はなざーあかーあり
   あれも よーい よいよいよい
   これも よーい よいよいよい

②あーのかぁ よおーいーこーじゃあが ぼたもーおおちがーおおおでー
   きーなこ つーうけーえたーぁああら なおよーぉかーあろな
   あれも よーい よいよいよい
   これも よーい よいよいよい


高い山から、谷底見れば
瓜やなすびの花ざかり
あれもよいよいよいよい
これもよいよいよいよい

あの娘よい娘じゃぼた餅顔で
きな粉つけたらなお良かろ
あれもよいよいよいよい
これもよいよいよいよい

とりあえず、今年も「高山祭り」、堪能いたしました。次は春だなあ♪

さて。話は変わって、ワタクシ的飛騨高山、うまいもの。
もちろん有名な、赤カブ漬けや朴葉味噌、飛騨牛やラーメン、寿司以外のものですケド。

その1)
朝市(宮川通り)での、牧成舎牛乳。
DSCF0023

ちょっち牛乳は苦手気味なんですけど、こjこの牛乳はホント、おいしいです。
ちなみに定宿のホテルには、牧成舎の最中アイスもおいてあるんですが、ホントおいしいです~。

その2)
喫茶店「シフォン」のシフォンケーキ。
DSCF0017

秋のこの時期は、「飛騨りんご」や「すくなかぼちゃ」のシフォンケーキが絶品です。小さな喫茶店なのですぐ満員になってしまうのが残念~と思っていたら、今年からテイクアウト&通販を始めてました。ふっふっふ。そのうちお取り寄せするんだい!

その3)
地ビール。
飛騨高山は日本酒の蔵元も多いですが、地ビールもこの「飛騨高山麦酒」さんのほかに、「古里古里の国」等、地ビール好きにはたまらないです。一番好きなのは、「飛騨高山麦酒」さんの「スタウト」「レッドボック(冬季限定)」かな? 祭りの時には、このような出店も出してるので、歩き疲れたら一杯!やるべし。(20以上の人ね)
DSCF0019

今年は秋が遅く、例年なら紅葉を迎えているハズの「安房峠」付近もまだ全然色づいていませんでした。ちょっと残念。

さて。これからいよいよ温泉シーズン。途切れていた温泉旅行記もそろそろ復活させねば、ね。

|

« ヘブンリーブルーの思い出 | Main | 温泉という名の至福7 法師温泉・長寿館 »

旅行」カテゴリの記事

Comments

23年3月5日(土)久々に、高山うまいもの食べ歩き。国分寺通り東進中、新興タクシーを過ぎたあたりに、「茶処藤友屋の飛騨牛じゃがコロッケ」に、目が止まり、注文するやパクリ~美味かった。グー~~
それから栗じゃが天、若鳥からあげ・・・高山へ、行った際、必見。!!~~~

Posted by: ゴンチャン | March 06, 2011 at 12:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73190/6540231

Listed below are links to weblogs that reference 飛騨高山、うまいもの:

« ヘブンリーブルーの思い出 | Main | 温泉という名の至福7 法師温泉・長寿館 »