« 飛騨高山、うまいもの | Main | 「凄い」陶芸展を見てきました »

October 29, 2005

温泉という名の至福7 法師温泉・長寿館

のびのびになっていてた「温泉旅行記」、再開です。
今回は「法師温泉 長寿館」。...行ったの6月だよ...。

DSCF0018

言わずと知れた、有名な「秘湯」(笑)です。
「秘湯」の割りに、交通の便はまあまああるし、宿の設備レベル・食事レベルも「一般旅館」並~以上ですし、「秘湯」初心者にはお勧めの宿と言えましょう。温泉の質は、もちろん最高なのも言うことなし!

交通の便に関しては、鉄道・バス利用だとちょっと不便ですが、車だとR17から入ってすぐ、舗装の運転しやすい道ですし。

あ、ワタクシ的な「道のやさしさ」の基準は↓です。
法師温泉だとBかな?

A.「チョー楽」:宿まで2車線道路。
B.「割と楽」:宿近くだと1車線になるけど、カーブ等少ない
C.「楽」:幹線道路の分かれ目から1車線道路。
  けど、カーブも少なく距離も短い。
D.「ちょっと難しい」:かなり手前から1車線道路、カーブの連続。
E.「割と難しい」:未舗装1車線、カーブの連続。
  最終的には車を置いて歩き。
F.「難しい」:車では行けない。

今まで紹介してきた温泉は、殆どBランクかな?まあ、Eランクだと今まで行った中では、「姥湯温泉」とか「大平温泉」レベルですが。

おっと。
話を戻して、法師温泉の話です。
本館は木造2階建、川を挟んで宿泊棟と、お風呂棟(一部宿泊棟)になってます。もう一棟、道を挟んで新館(やはり木造)があり、こちらは部屋のアメニティ等もかなり上級。今回は「ご招待」だったので、こちらの棟に泊まりました。普段は安い部屋ばかり泊まっているので、上級アメニティは正直、ちと居心地悪かったりします(笑)

DSCF0038

(注)「ご招待」→「朝日旅行会」の主催する、「日本秘湯を守る会」に所属する宿。朝日旅行会を通すか、直接宿に予約すると、1泊につき1個、宿独自のスタンプを押してもらえる。10個スタンプが貯まると、スタンプを押してもらった宿の中から1件、1泊2食、ただで宿泊させてもらえる(平日のみ、GWや正月の繁忙期除く)

この宿のすばらしさは、やはり「お湯!」。
源泉掛け流しはもちろんですが、「蔦温泉」同様、湯船の底から湧いております。有名な大浴場↓
DSCF0024

は、日中は混浴。日帰り女性の方、残念でした~。夜には女性専用時間帯もできるんだけどね。女性の方向けには、隣にやはり湯船の底から湧いている小浴場があります。後、露天風呂付きの新浴場もあります。こちらは日中女性専用、夜の大浴場女性タイムの間だけ、男性用になります。

ちなみに大浴場の湯温、写真の右下部の浴槽がちと熱め、左上の浴槽がちと温めです。湧いているお湯の温度が微妙に違うんですね。ちなみに底は玉砂利です。
DSCF0033

以前は普通のソフトコンタクトレンズ使用だった私、この玉砂利の中にレンズを落とし、それ以来使い捨てタイプに変えました...思い出の湯(ーー;)

大浴場と小浴場、新浴場と、露天風呂、それぞれに源泉が違います。ちゃんとそれを表示してあるのも嬉しいデス。(←成分表マニア)

食事の量がやや大目なので、連泊して楽しむというよりは、「取って置きの休日」を楽しむタイプの宿だといえましょう。川に沿って宿の敷地は奥に広がり、夏にはキスゲの群落も咲いています。

唯一難を言えば、銘柄日本酒の料金高すぎ!「八海山」なんて、三国峠の向こうの蔵元での値段の4倍近くしますぜ。宿オリジナルの「秋月」はおいしくて、手ごろな値段なのでそちらの方をお勧めします。

冬も営業しています。黒っぽい木造の建物に、ほんわか積もった白い雪のコントラストがすごく綺麗ですよ。


|

« 飛騨高山、うまいもの | Main | 「凄い」陶芸展を見てきました »

温泉」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73190/6726452

Listed below are links to weblogs that reference 温泉という名の至福7 法師温泉・長寿館:

« 飛騨高山、うまいもの | Main | 「凄い」陶芸展を見てきました »