« 仁義無き闘い | Main | 季節になりました♪ »

September 10, 2005

温泉という名の至福 番外編 湯治のススメ

温泉旅行記、STOPしちゃってます。すいません。
夏休みと9月前半にあちこち行ってはいるんですが、ネットにゆっくり向かい合う気がしなくて。仕事で一日中VDT画面とにらめっこしてるからなあ...。

そういう「VDTお疲れ」状態になった時には、湯治温泉旅に出かけます。といっても、長期療養ではなくてAM半休PMより飛行機で現地へ、ゆっくり休んで飛行機でPMより出社、という強行軍な旅してます。近場には湯治主体の温泉ってないんだもん。宿泊費より交通費の方に金かけてる(笑)>かなり温泉バカ。

湯治温泉のよいところは、
(1) 温泉の質がよい (当たり前)

(2) 仲居さんとかに気を使わなくて良い。チェックイン直後から布団を敷いてごろごろできる。
 →これはまさに、「ホテル感覚」ですね。でもビジネスホテルの部屋より、四畳半の湯治部屋の方が広く感じられるのは何故だろう...。(やはり畳が好きな日本人ってか?)

(3) TVやネット等、「ついついはまってしまう」文明の利器と程遠い。
 →うーん、TVはまあ合った方が天気とかの確認できて良いのですが、ついつい見てると夜更かししちゃうので無いほうがいいですね。ケイタイ? もちろん「圏外」な場所です(笑)

(4) 食事の量が控えめで適量。(あー、さすがに自炊はしません)
 →普通の温泉旅館って、「これでもか!」って量の食事が出たりしません? 「たまの旅行で一泊」なら良いですが、ごろごろ2~3泊でこの量だと、さすがに胃が...。その点、湯治温泉は割りと量控えめなので、楽です。小腹が空いても、自炊の方用に何かと食料品売ってたりするので、果物などをおやつに買って食べたりします。

そんな私の、最近出かけた「お勧め湯治温泉」。
もちろんどこも、源泉掛け流しだよ☆

■すっぱり世間とは隔絶してごろごろしたい派へ■
 ・新潟 駒の湯温泉(夏季のみ営業)
  →自家発電&衛星電話です。一軒宿。

 ・秋田 鶴の湯温泉
  超・有名秘湯(笑)ですが、湯治部もあります。

■TVくらいはやはり欲しいな派へ■
 ・岩手 元湯夏油(夏季のみ営業)
  →衛星電話。温泉までの公共交通機関有り。

 ・岩手(と秋田の県境) 須川高原温泉(夏季のみ営業)
  →温泉までの公共交通機関有り。

■設備もばつぐん、交通至便■
 ・鹿児島 妙見温泉 おりはし旅館 別館・山水荘
  →空港から車15分。公共交通機関も有り。自炊・素泊まりも可。ホテル感覚で泊まれます。

個々の旅館の宿泊記は、また落ち着いた頃に...。

とりあえず2~3、写真で紹介。

「須川高原温泉」の、怒涛の「源泉掛け流し足湯」(笑) 
流れているのはすべて「温泉」です。
DSCF0036

庭の紅葉が綺麗な「おりはし旅館 別館 山水荘」
DSCF0043

ここの旅館、本館は木造二階建ての風情ある造りで2部屋、離れが2棟のこじんまりとした「隠れ宿」的温泉でいい風情です。


|

« 仁義無き闘い | Main | 季節になりました♪ »

温泉」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73190/5877468

Listed below are links to weblogs that reference 温泉という名の至福 番外編 湯治のススメ:

« 仁義無き闘い | Main | 季節になりました♪ »