« June 2005 | Main | August 2005 »

July 2005

July 22, 2005

温泉という名の至福6 貝掛温泉

よーし、やっと季節においついてきた(笑)

六月、雪解けも終わりを迎え、木々の緑が鮮やかさを増すこの季節、毎年のように訪れているお気に入りの温泉があります。
新潟、越後湯沢駅から国道17号を苗場方面にさかのぼること車で約20分、「貝掛温泉旅館」さんです。湯沢のICを出た直後から、これでもか!とばかりに大看板が続々と建っているので割りと大規模旅館なのかな?と思いきや。「日本秘湯を守る会」に所属する、こじんまりとした「秘湯」なのでありました。

DSCF0001


国道17号のバス停から徒歩10分くらいのところにあって、交通至便といいたいところですが、17号からカッサ川へ降りる道の急峻さと、カッサ川にかかる一車線対面通行負荷の道が、俗界と温泉を隔てているので有りました。落ち着いた、ちょっぴり田舎風のお宿です。清掃の完璧さは今まで行った温泉の中でもピカ一です。

この貝掛温泉、上杉謙信の隠し湯といわれておりますが、そのほか特徴が大きく二つあります。

■疲れ目に効く目の湯■
ホウ酸成分が豊富で、日本三大目の湯にも数えられています。豊富な源泉で目をバシャバシャと洗い、ぼーっと温泉につかって外の木々の緑を眺めれば、PCで酷使された疲れ目もなんのその。

■ぬる湯で長湯、温泉効果ばっちり■
俗に湯治の効果を引き出すためには何泊かしなくてはいけないと言われておりますが、そうそう休暇もとっていられない昨今、短い時間で最大限に温泉の効果を引き出すためには、ぬる湯に長時間浸かるのが良いそうです。ここ、貝掛温泉の源泉温度は37℃。たっぷりと浴槽に満たされた源泉にはふやけるまで浸かっていられます。私はいつも大体2時間くらい浸かっているかな? 温泉に含まれる微量なガス成分が泡となってお肌に付着してはじけるのも、よ~く判ります。ぬるいとなんだか風邪引きそう、という人には、上がり湯のあったまり用に、加熱した浴槽も一緒に併設されています。

源泉のひろーいぬる湯↓
DSCF0005

お隣の加熱湯↓
DSCF0006

露天風呂もあります。近年男女入れ替え制になりました。最初女性側の方の露天は加熱泉、男性側の方の露天が源泉です。こちらは源泉の露天のほう↓
kaikake

効き目があるせいか、湯治にいらしている方もよくみかけます。私も一人旅なので、お安い湯治部屋を利用することが殆どです。だって、部屋が豪華だって殆どお風呂の中にいるか寝てるかなんで、豪華な部屋なんてモッタイナイ!! 一応TVはついてますが、トイレ別の六畳間です。食事は朝晩とも食事処で。湯治部屋は、部屋からの景色はまったく期待できません。冬場なんて、雪下ろしでたまった雪の壁なんだもの>そこを冷蔵庫代わりに売店で買ったコシヒカリアイスを突っ込んで冷やしていたワシ(笑) ええと、こんな感じのお部屋です。↓
tojheya

食事は、「ややしゃれ目の田舎風」かな? 完全な田舎料理ではなし、かといって豪華会席でもなし。何泊しても飽きないメニューではあります。自家製豆腐はおいしいですよ~。あと、天麩羅や焼き魚などの熱いものは、作りたてほかほかを持ってきてくれること!
あと酒呑みには嬉しいのが、日本酒メニューが豊富なこと。湯沢の地ビールもおいてます。

ここのお宿のお風呂に入っていて面白いのが、「常連さん」と「一見さん」の区別がつけやすいこと(笑)
お湯の効能重視の常連さんは、ぬるい源泉風呂の方で、木枕に頭を乗せておしゃべり方々のんびり長湯。「一見さん」の方は、一旦源泉風呂に浸かるものの、あまりの温さに加熱泉の湯船へ行くか、同じく加熱泉の露天風呂へ。けっこうキッパリ分かれていて、みていて楽しいです♪

そうそう私が6月にこの宿を訪ねるのにはもう一つ理由があって、それは越後湯沢にある高山植物園「アルプの里」を訪れることです。険しい山道をカメラ片手に登山しなくとも、ロープウェイですいっと、高山植物に会いに出かけられます。6月はちょうど花のシーズン。珍しい「ヒマラヤの青いケシ」等も植わっています。今年は咲き始めが遅かったとのことで、普段は咲き終わってヒゲボウズになってしまっている「チングルマ」も、咲いているところに出会えました。

来年はどんな花にであえるでしょうか。今から楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2005

チューリップ写真やっとUP

四月末に砺波チューリップフェアで撮影した写真がやっとまとまりました。「マイフォト」にアルバムにしてあります。今年訪れていた時点で咲いていたチューリップほぼ全部です。見たことも聞いたこともないチューリップがたくさんあるでしょ♪

私が一番気に入っているのは、アルバムトップにも写真をのっけた「ダウングロー」という品種。
turip

なんともいえない微妙な色の変化が気に入ってます。結構、アプリコット系の色に弱いワシ。

しかし、アップで撮るとどれがどれやら。撮った品種のメモメモ書きがなかったら、区別つかないです、ハイ。
説明文のところに書いてある英語文字は、チューリップの分類です。

「DH」 ダーウィンハイブリッド
「T」 トライアンフ
「Fr」 フリンジ咲き
「L」  ユリ咲き
「P」  パーロット咲き
「WE」 八重の早咲き
「WL」 八重の遅咲き
「SE」 一重の早咲き
「SL」 一重の遅咲き
「F」  フォステリアナ
「G」  グレイギー

今回のアルバムにはありませんが、あと「V」 ビリデ咲き 
というのもあります。グリーンの縞々の入ったやつね。こんなの↓
FH010030

あとは原種系。
フォステリアナとグレイギーは、割と原種に近い品種です。丈夫で早咲きが多いです。
フォステリアナは花弁が閉じていると綺麗なんだけど、お陽様の光でフルオープン状態になるものが多いです。ユリ咲きのもそうかな?

あと、品種名がかいてなくて、日本語名のチューリップは、富山産出のチューリップです。

ここの品種園、球根が手に入らないものも多いんですよねー。
特に「ダウングロー」。売っている店を知っていたら、是非情報提供お願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2005

よい子のススメ ( - - ;)

最近、子供・大人問わずジコチューな人々が増えてきましたが、不運にも今朝はそれに遭遇してしまいました。
子供はまあ、まだ人間になりかけということで笑って堪えることもできますが、見本となるべきいい大人がジコチューなことをするのは、どうかと思います。

ということで、声を大にして言いたい。

「朝五時半から、窓を開け放して大声でおしゃべりするんじゃねぇ!」

状況:山中の静かな一軒家の秘湯。古い木造建築が魅力の一つ。
    当方の部屋は、ガラス窓・障子共に閉めてある。
    問題の人物達の部屋とは道路を挟んで約10mの距離がある。
+α:睡眠導入薬を使用している私は、普段は7時半頃叩き起こされてやっと目が覚める。

いきなり五時半に、親父共の大声で起こされちゃいましたよ。
一旦目が覚めてしまうと寝付けない私、宿からの帰りの高速上で眠くなり、一部意識が....。

古い木造建築の宿に泊まると、割とこの手の「迷惑さん」に出会うことがあります。
今回のオヤヂ共のように窓を開けての大声話はチョー論外ですが、
似たような感じで、「防音」に気を使ってない人が結構います。

鉄筋コンクリ作り等で防音のしっかりしたところにしか泊まったことがないんでしょうケド、ドスドス足音高らかに歩き回ってたりして。結構階下に響いているんですよ~。
やはり深夜・早朝の足音は迷惑っす。

5年ほど前までは、こんなに「迷惑さん」との遭遇率がひどくなかったような気もします。結構ワカモノ(含カップル)に多いのも特徴かなあ? なまじ「源泉・秘湯」がブームになってしまったために、本来なら縁のない客層まで来ているというという感じもします。

カレシと混浴にとタオル巻いて入っているお姉ちゃんも同類だな(馬鹿ップル)。風呂にタオルつけるんじゃねーよ。最近はあまりにこの人種の増殖がひどいので、TVの旅番組でも「撮影の都合上...」というテロップが流れるようになりましたねえ。カレシと入りたければ、貸切風呂のある宿を選べよ、といいたい。情報は入る世の中なんだから。

ともあれ。
せっかくの親孝行の旅行だったのに、最後にケチがついたのでありました。
くそオヤジ共の馬鹿~!迷惑料よこせ~!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2005

温泉という名の至福5 蔦温泉

世間様はとっくに梅雨、or夏日が続いているというのに、まだまだ春の話の続きです(^^;)

青森にはもう一軒お気に入りの温泉宿があります。
蔦温泉旅館さん。
こちらも一軒宿なのですが、蔦沼めぐりの拠点でネイチャーハウスも出来たし、バスの止まるターミナル風の前庭もあって、ぱっと見は「秘湯」には見えません。沼めぐりをした後、立ち寄りお風呂もくる人も多く、玄関付近はにぎやかです。

DSCF0049

ここのお宿、「秘湯~」と思わせるのはまず「フロント」がないこと☆
えっ、じゃあチェックインとか料金支払いとかは?といいますと。

(1) 昔の時代劇のお宿みたいに、番頭さん(?)がいつも玄関外にいらっしゃて、お客さんのお出迎え&仲居さんへの取次ぎをしています。

(2)チェックアウト時の料金支払いや、貴重品預かりは「帳場」で。
さすがに文机ではなくてデスクで、背後には火災警報板なんかがありますけれど、がらりとガラス戸を開けて入らなくてはいけないところは、まさに「帳場」。レトロです~☆

そうそう、「秘湯」たる由縁。ここのお風呂は、底から湧いてます。湯船はちょっと深めでおまけに熱めですが、よくよーく眼をこらすと、底から「ポコリ、ポコリ」と温泉が泡と共に湧き出しているのが判ります。露天風呂なんかはありませんが、じっくりと湧きたてホヤホヤの温泉に漬かれます。これがまたシアワセなのだー。

宿はレトロな本館と、綺麗だけど鉄筋コンクリート作りの新館。こちらはトイレ付きで、エレベーターもついているようです。でも、私はいつも、見晴らしのよい「別館」の方に泊まっています。この「別館」、本館からは延々55段の階段の先にありまして...、ちょっと足腰自信がない人は辛いかも。コレ↓は上から見下ろしたところ。
手すりには自然の「蔦」の枝(?)が使われています。
DSCF0033

でも、夕食は部屋食なので安心です☆ 
そうそう、ここのお宿の面白いところがもう一つ。お酒とかジュース類、館内に自動販売機もありますけど、外に併設の売店で買ったものを持ち込んでもいいんです。連泊の際なんか、720mL入りの日本酒なんか買って持ち込んでます。(その代わり、部屋付きの冷蔵庫はないです)。

別館が気に入っているのは、やはり見晴らしが良いから。前にはちょっとしたお庭もあって、朝方は鳥達が飛んできます。一度、キツツキを見かけたこともあるんです♪

後、宿の背後に広がる沼を中心としたぶな林は、ちょうと1時間くらいの散歩コースになっていて、新緑やバードっウォッチングを楽しめます。最近、一番近い蔦沼までは道が整備されて、バリアフリーになりました。

DSCF0027

昨年はちょうど、ヒメハルゼミの羽化のシーズンに出くわしました。
DSCF0029


猿倉もそうですが、毎年同じようで、ちょっとづつ違った風景を見せてくれる早春の時期。
やはり青森の春は大好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »