« 大人の火遊び | Main | 温泉という名の至福4 元湯猿倉温泉 »

May 31, 2005

春を追いかけて

ドタバタしているうちに、すっかりブログをサボってしまいました。

穴窯の窯出しの出来は、うーん、個人的にはまあまあかな?
赤土・備前土で作った花入れは、まっ茶色(しそ色?)で景色もなにもあったものではなく不本意な出来でしたが、どうでもいいやーと、単なる信楽ロット土で作った山野草鉢の方が、窯変が一部出て、結構よい出来になりました。

しかし、穴窯はやはり「賭け」ですね~。おいしいorおいしくないの差がきっぱりです。プロの方は、どこがおいしいか見極めているのだろうけど、アマチュア3年レベルではまだまだ判りません。しかし、「ラッキーマン」「ツイている人」というのはやはり居ますね。昨年の新人さんで、今年初参加の方。造形力もあって、すごいなーと思っていたら、運もついておりました。6つ作った花入れ。どれか1つでもおいしい出来だったらラッキーだよ、等と脅していたのですが、窯を開けてみたらまあびっくり。狙って置いたわけでもないのに、その方の作品、みなよい上がり。灰かぶりも窯変も...。う、うらやましい...。

さてさて、そうこうしているうちに、毎年恒例の青森行きの時期になってしまいました。
毎年五月下旬には、青森の八甲田・奥入瀬あたりの温泉に行くのが、すっかり定番です。目的は、こちらも新緑。
奥入瀬では近年「春もみじ」として、観光に力を入れていますが、本当に良いですよ☆
八甲田のあたりはまだ雪、まだスキーができるほど積もってます。ゴールドラインを奥入瀬方面に進むにつれ、どんどん雪は溶け出し、水芭蕉の群落もあちこちに。そして奥入瀬では、雪解け水で豪快に流れる滝と、空気までもが緑色をしているような新緑が待っています。

oirase

なんだかんだいって、「春」が好きなんですね。だから春をおいかけ、新潟、そしてはるばる本州の北まで足を伸ばしてしまいます。や、居住地でももちろん「春」は来るんですが、その時点では花粉症やら、季節変動で体調を崩すわで、春を味わっている気がしない、というのが半分、もう半分は、「雪解け」が好きだから、かな?

今年は青森も冬の豪雪のあおりで、春は遅かったらしいです。確かに例年は溶けている雪が、まだ大量に残っていました。しかし、私が訪れた日あたりから陽気が続き、一気に雪解けが...。

ええ、道路が沢になっておりました。水の中で咲いている水芭蕉なんかもみちゃったりして。まさに水中花!?

天候に恵まれたので、今年は下北の横浜町まで足を伸ばしてみました。ここの名物(?)は、日本一の菜の花畑。低い丘陵地帯に、パッチワークのように黄色いじゅうたんが広がっています。菜の花ドーナツもおいしいんだよ~。

nanohana

宿は、もちろん温泉でした。やはり東北の温泉はええのう~。詳細は、まて、次号!

|

« 大人の火遊び | Main | 温泉という名の至福4 元湯猿倉温泉 »

旅行」カテゴリの記事

Comments

タップリ青森をお楽しみいただき、ありがとうございます(笑)
はたして、どこの温泉にお泊りになられたのでしょうか?
楽しみです!

Posted by: みちのく温泉マン | June 05, 2005 at 07:46 AM

After I initially left a comment I seem to have clicked the -Notify me when new comments are added- checkbox and now every time a comment is added I receive 4 emails with the exact same comment. Perhaps there is a means you are able to remove me from that service? Thank you!

Posted by: removalist | June 16, 2015 at 11:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73190/4349908

Listed below are links to weblogs that reference 春を追いかけて:

» 八甲田・睡蓮沼にも春が… [戦え!みちのく温泉マン!!激湯2005]
ゴルフの帰りに、立ち寄ってみました。 前回から、40日経過してますが 御覧のとおり… [Read More]

Tracked on June 05, 2005 at 07:47 AM

« 大人の火遊び | Main | 温泉という名の至福4 元湯猿倉温泉 »